【鉄の一瞥 58】予讃線 車窓の夕陽

2018.08.01

予讃線光洋台〜堀江間

予讃線で今治を過ぎて松山に向かう途中。線路が海岸近くを通ります。タイミングが合えば、瀬戸内海に沈む夕陽を堪能できます。撮影は2018年7月25日(水)、伊予西条を17:09に出た伊予市行各駅停車。光洋台から堀江に向かう右の車窓です。残念ながら窓ガラスが些か汚れていたのですが、ドアの所に立って撮影しています。

沖には、近い順に興居島、野忽島、睦月島、中島が浮かんでいます。

残念ながら海に沈む夕陽は見ることができないのですが、

それでも車窓をオレンジ色に染める夕陽に見とれてしまいました。

旅人が車窓から見る夕陽は、偶然がもたらしてくれる全くの僥倖です。夕陽を狙ってビール列車が運行されているのは地元の利でしょうね。海に沈む夕陽を眺めながらビール、良いなぁ。

(写真・記事/住田至朗)

TAGS JR四国 鉄道旅


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです