西鉄天神大牟田線に「桜並木駅」2023年度後半開業予定 雑餉隈~春日原間

2022.07.27

西鉄「桜並木駅」イメージ

西日本鉄道は2022年7月27日、西鉄天神大牟田線 雑餉隈~春日原間に開業予定の新駅名称を「桜並木」(さくらなみき)に決定したと発表しました。駅構造は相対式2面2線で、改札口2か所、エレベーター4基、エスカレーター8基を備えます。

新駅名称については2021年12月に一般公募が行われ、3,388名からの応募があったといいます。同社はその結果をもとに、福岡市や地元代表者との意見交換を経て駅名を決定しました。

新駅の南側には地域住民が長年手入れをしている桜の木もあり、同社は新駅名称へ込めた想いについて、「今後まちのシンボルとして、地域の皆さまに末永く愛される駅になってほしい」としています。

駅舎デザインは「在りし日の豊かな自然に想いをはせ、優しく芽吹く街のエントランス」をコンセプトとし、白色のイメージカラーと若緑色のアクセントカラーを組み合わせました。

同社は今後、駅周辺を中心としたまちのにぎわい創出に取り組むとしています。開業は2023年度後半の予定です。

(画像:西日本鉄道)


LINEで送る

オススメ記事