JR北海道、観光用途にも使える「H100形」導入へ 内外装デザイン発表 10月末デビューの車両も

2022.09.14

JR北海道のH100形気動車(写真:トリトン / PIXTA)

JR北海道は2022年9月14日、国と北海道による助成・補助制度を活用したH100形車両を導入すると発表しました。仕組みとしては北海道高速鉄道開発(同高速)が車両を取得し、JR北海道が無償貸与を受ける形です。

2022年度は釧網線、花咲線、石北線、富良野線のラッピング車両計4両を線区近傍の運転所等に配置、2023年度も同じく4両を、室蘭線、日高線、根室線、宗谷線に配置します。

新しいH100形は定期列車として新得~釧路間、旭川~名寄・上川間で運行するほか、観光列車としても活躍する予定です。また2022年度に配置する4両のうち「釧網線ラッピング」「花咲線ラッピング」は2022年10月末の使用開始を予定しているとのことです。

外装だけでなく内装にも変化があります。座席シート生地は、タンチョウやエゾマツなど、北海道の自然や風景をイメージした絵柄のデザインに変更。また北海道産のタモ材を使用した脱着式テーブルの追加、吊り手のデザイン変更を行い、より北海道の自然を身近に感じられるようなものとします。

車内イメージ(左)、座席シート生地のデザイン(右)

画像:H100形イメージ(トリトン/PIXTA)、車両外装・内装デザインイメージ(JR北海道)


LINEで送る

オススメ記事