インスタントコーヒー Blendy ブレンディは冷たい牛乳にサッと溶けてかんたん濃厚カフェオレに! ブラック派は「ちょっと贅沢な珈琲店」を、製法の違いで選ぶ楽しみ by 味の素AGF

2022.09.18

10月1日は「国際コーヒーの日」。コーヒーをもっとおいしく楽しもう!

ってことで、毎朝レギュラーコーヒーを淹れてる我が家で、あらためてインスタントコーヒーの手軽さとおいしさを実感すべく、味の素AGF 主催 オンラインサロンに参加し、教えられたとおりにつくってみた。

試したのは、味の素AGF「Blendy」(ブレンディ)。これで、いつも以上においしいカフェオレをつくってみる!

用意するのは、冷たい牛乳と味の素AGF「Blendy」(ブレンディ)だけ。

そしてこの教え↓↓↓に従ってつくってみた

これをみれば一目瞭然、もはや「つくり方」なんて、ほぼなし!

(1)グラスに牛乳を140~180ml注ぐ。このとき、ホットで飲みたい場合は、電子レンジ対応の耐熱カップを用意すること。今回はアイスもホットも試したいということで、ハリオグラスの耐熱カップを使ってみた。

(2)まずアイスで飲んでみるってことで、ブレンディをティースプーン山盛り1杯(約2g)を、牛乳が入ったカップにサッと入れる。

と……なんということでしょう! すぐ速攻さーっと溶ける!

これが、味の素AGF「ブレンディ」のすごいところ!

冷たい牛乳にさーっと、速攻で溶ける! すぐに。

これ、ブレンディのスプレードライ製法(噴霧乾燥法)に理由がある。

一般的なインスタントコーヒーの“つぶつぶタイプ”ではなく、細かい粉末状になっているから、冷たいミルクにもすぐに溶けて、ミルク100%の濃厚カフェオレがすぐにできちゃうってワケ。

しかもホットもめっちゃかんたん!おいしい!

このミルク100%の濃厚カフェオレをホットでいきたいなら、これを電子レンジでチンするだけ。

600Wで1分20秒が目安。電子レンジ対応の耐熱カップを使うことを忘れずに。

ちなみにブラックでホットを楽しみたい人は↓↓↓

ちなみに「香り広がる贅沢なブラックコーヒー」を楽しみたい人は、フリーズドライ製法(真空凍結乾燥法)のインスタントコーヒー「ちょっと贅沢な珈琲店」(画像左)を。

この「ちょっと贅沢な珈琲店」は、季節や産地特徴によって、世界中からコーヒー豆を選定。

豆の個性を引き出す焙煎と抽出により珈琲店のマスターが淹れたような香り・味をパウダーに閉じ込めた商品。

香り広がる贅沢なブラックコーヒーも、楽しんでみて。

そして保存にもポイントが↓↓↓

そして最後に、味の素AGFが教えてくれたのが、開封後の保存方法。

「コーヒーの弱点は、酸素・水分・光(紫外線)」ってことで、袋入りインスタントコーヒーは、「開封部分を2回以上折って、クリップなどでしっかりとめる。このひと手間を加えるだけで、コーヒーをさらに長く楽しめる」というから、実践してみて。

そのほかにも、味の素AGF公式サイトには、コーヒーの楽しみ方がいろいろ紹介されてるから、気になる人はチェックしてみて↓↓↓
https://www.agf.co.jp/lineup/