京成線で11/26ダイヤ改正、スカイライナーは一部が新鎌ヶ谷駅へ停車 一部路線では日中にワンマン運転始まる

2022.10.24

京成電鉄は2022年11月26日にダイヤ改正を実施します。

主な変更点として、本改正により一部のスカイライナーが新鎌ヶ谷駅にも停車するようになるほか、金町線・千原線・東成田線(芝山鉄道線を含む)でワンマン運転が始まります。

スカイライナー鎌ヶ谷駅停車

11月26日から青砥駅停車タイプが新鎌ヶ谷駅にも停まるようになります(画像:京成電鉄)

京成上野~成田空港間を結ぶ空港特急「スカイライナー」は、日暮里~空港第2ビル駅間をノンストップで走る列車と、途中で青砥駅に停車する列車の2つのタイプが存在します。

今回の改正では、後者の停車駅に「新鎌ヶ谷駅」を追加。松戸・柏エリアからの成田空港アクセスの利便性向上を図ります。

対象となるスカイライナーは上り14本、下り10本。日中時間帯におおむね60分間隔で運行します。

ライナー料金は、新鎌ヶ谷~空港第2ビル・成田空港駅間が大人800円、京成上野・日暮里~新鎌ヶ谷駅間が大人500円、青砥~新鎌ヶ谷駅間が大人300円(小児はいずれも半額)。

なお、新鎌ヶ谷駅停車の下りスカイライナーは4・6号車から、上りスカイライナーは全号車から乗降できます。

金町線・千原線・東成田線でワンマン運転開始

ワンマン運転実施路線(画像:京成電鉄)

今回の改正から金町線・千原線・東成田線(芝山鉄道線を含む)でワンマン運転が始まります。

対象となる列車は、当該区間を走るおおむね9時台~17時台の4両編成の列車のみ。安全対策として、係員によるホーム監視体制の強化、安全確認用のホームミラー・ホームモニターなどの設置、車両改造などを実施します。なお、ワンマン運転の実施に伴い一部区間で運転時分が変更になりますが、運転本数は変わりません。

今回のダイヤ改正では、これらの変更に加え一部の列車の発着時刻や運転区間、種別等の変更が行われます。「京成時刻表 VOL. 31」は11月21日発売予定。

※2022年10月24日20時56分……タイトルを一部修正いたしました(鉄道チャンネル編集部)


LINEで送る

オススメ記事