日南線大隅夏井~志布志駅間は2023年春復旧見込み 台風14号で築堤崩壊 JR九州

2022.10.24

被災状況(画像:JR九州)

JR九州は2022年10月24日、日南線大隅夏井~志布志駅間の復旧の見通しについて、2023年春ごろと発表しました。

日南線は台風14号の影響により同区間で築堤崩壊が発生したため、2022年10月現在、南郷~志布志駅間で列車の運転を見合わせ、南郷・油津~志布志駅間でバス代行を実施しています。

築堤の崩壊規模は線路方向延長約5メートル×築堤高さ約15メートル。工事は関係各所との調整がつき次第着手するとしていますが、現地の状況や工事工程の精査等により復旧見込みが変更になる場合があるということです。


LINEで送る

オススメ記事