※2022年8月撮影

トップ画像は、JR四国土讃線西佐川駅。下り須崎行、JR四国1000形2両編成が出発してゆきました。

下り島式ホーム駅名標。

ADVERTISEMENT


※2022年8月撮影

西佐川駅は、1924年(大正13年)開業。1987年(昭和62年)国鉄分割民営化でJR四国の駅になっています。既述の様に2016年(平成28年)駅舎がJR四国から佐川町に譲渡され改修されています。

下り窪川駅側にある構内跨線橋に上がりました。古レールを構造材に通路は木造。


※2022年8月撮影

上り方面を見下ろします。真ん中の2番のりばが1線スルーの通過線です。土讃線は、この1kmほど先で右に90度カーブして東向きに進みます。しかし黒い雲がわいてきました・・・。


※2022年8月撮影

下り方面。右に太陽光発電パネルがならんでいます。


※2022年8月撮影

構内跨線橋の西側に公道跨線橋へのつなぎ目があります。


※2022年8月撮影

公道跨線橋に屋根がありません。


※2022年8月撮影

下り島式ホームに下りて駅舎。


※2022年8月撮影

駅の跨線橋に公道跨線橋がこの様に継ぎ足されています。


※2022年8月撮影

駅舎ホーム側。吾桑駅、斗賀野駅の駅舎と同じプロポーション。ツートーンカラーが良いですね。


※2022年8月撮影

ホームに木造の待合所があります。


※2022年8月撮影

これがシブイ造りでした。


※2022年8月撮影

上り側から駅舎。


※2022年8月撮影

黒雲にビビりながら次の駅に移動します。

(写真・文/住田至朗)

※駅構内などはJR四国さんの許可をいただいて撮影しています。

※駅などについては『JR全線全駅』(弘済出版社/1997)、『週刊朝日百科 JR全駅・全車両基地01-60』(朝日新聞出版/2012-2013)、『山陽・四国920駅』宮脇俊三・原田勝正編(小学館/1993)、『停車場変遷大事典 国鉄 JR編1-2』(JTBパブリッシング/1998)他を参照しています。

※タイトルは『木造駅舎』ですが、厳密に「構造として木造建築」の駅舎ではなく、筆者が気に入った駅舎を恣意的に選んでいます。明らかに木造建築と異なる場合でも、煩雑を避けるためタイトルは【木造駅舎コレクション】で進行します。悪しからずご了承ください。

※鉄道撮影は鉄道会社と利用者・関係者等のご厚意で撮らせていただいています。