※2022年8月撮影

トップ画像は、JR四国土讃線琴平駅。いよいよ金比羅さんの表玄関に到着しました。

駅舎は大正モダン建築。1922年(大正11年)に建てられた三代目駅舎です。改修工事で1922年建設のオリジナル外観を取り戻しています。

ADVERTISEMENT

※2022年8月撮影

2012年(平成24年)本屋、陳列所1号、旅客上屋1号、2号、乗換跨線橋が国の登録有形文化財に登録。

それにしても大きな駅舎です。駅前広場も広大ですが。

※2022年8月撮影

反対側、南から。右手前の平屋部分が登録有形文化財「陳列所1号」です。

※2022年8月撮影

駅出入口。駅名標が旧字の「驛」です。

※2022年8月撮影

広い待合室。右に改札口。左奥に黒いコインロッカーがあります。

※2022年8月撮影

「みどりの券売機プラス」が設置されています。予讃線にも同種のモノが設置されています。テレビ電話でのコンサルティングに最初筆者(爺)は戸惑いました。でも、大丈夫、すぐに慣れます。

※2022年8月撮影

近距離きっぷ運賃・料金。本州倉敷駅までと、範囲が広大!

※2022年8月撮影

待合室にセブンイレブンがあります。右が駅出入口。

※2022年8月撮影

ではホームに出ます。

※2022年8月撮影

(写真・文/住田至朗)

※駅構内などはJR四国さんの許可をいただいて撮影しています。

※駅などについては『JR全線全駅』(弘済出版社/1997)、『週刊朝日百科 JR全駅・全車両基地01-60』(朝日新聞出版/2012-2013)、『山陽・四国920駅』宮脇俊三・原田勝正編(小学館/1993)、『停車場変遷大事典 国鉄 JR編1-2』(JTBパブリッシング/1998)他を参照しています。

※タイトルは『木造駅舎』ですが、厳密に「構造として木造建築」の駅舎ではなく、筆者が気に入った駅舎を恣意的に選んでいます。明らかに木造建築と異なる場合でも、煩雑を避けるためタイトルは【木造駅舎コレクション】で進行します。悪しからずご了承ください。

※鉄道撮影は鉄道会社と利用者・関係者等のご厚意で撮らせていただいています。