JR東日本八王子支社は27日、三鷹車両センターで3月、E231系の撮影会を開催すると発表しました。鉄道開業150年記念イベントの締めくくりとして行われるものです。

同社によりますと、この日のために1日だけE231系500番台の車体帯を黄緑色に変更し、山手線時代の姿を再現するということです。ただし復元するのは先頭車両の前半分の帯色のみで、側面の撮影はできず、また行先表示や編成札などは現行のままになるそうです。

またE231系800番台のデビュー20周年を記念し、本企画に携わったメンテナンス社員がデザインしたヘッドマーク2種を取り付けます。

ADVERTISEMENT

さらに撮影会では黄色のE231系0番台と500番台も展示するということで、現在中央・総武線(各駅停車)で活躍するE231系が勢揃いします。

撮影会は2023年3月25日(土)に開催。12時から1時間刻みで計4回行われます。募集人数は各回25名(12歳以上・中学生以上)、参加費用は各回1人15,000円です。

申込は「JRE MALL 八王子支社」で受付。販売開始時期は2023年3月6日(月)12時からとなっており、定員に達し次第申込受付を終了します。

(山手線時代のE231系車両 写真:HAYABUSA / PIXTA)