JR東日本東北本部と新潟支社は28日、磐越西線全線運転再開後の4月16日(日)に、「喜多方しだれ桜満喫号」を運転すると発表しました。

<関連記事>JR磐越西線が4月全線再開、喜多方〜野沢駅間でワンマン運転開始

使用車両はDE10形ディーゼル機関車と12系客車7両。なお、5号車の売店は営業を行いません。

ADVERTISEMENT

運転時刻は下り新津 10:13発 → 喜多方 12:46着、上り喜多方 16:06発 → 新津 18:32着。五泉、咲花、三川、津川、日出谷、野沢、山都に停車します。

3月16日から「みどりの窓口」「えきねっと」で普通車指定席・グリーン車指定席の一般発売を行うほか、3月1日14時からツアー商品「喜多方しだれ桜満喫号 往復グリーン車で行く喜多方満喫の旅」として、「日本の旅、鉄道の旅」サイトで申込を受け付けます。

一般発売で購入する際は利用する区間の乗車券と普通指定席料金(530 円)またはグリーン料金が必要。旅行商品の料金はコースによって異なります。なお、旅行商品には「桜ラーメン」1杯券がつくほか、喜多方の地酒1杯試飲券(おちょこ付き、アルコールが苦手な方向けに大吟醸サイダーも用意)、「喜多方うるし銀座」の対象3店舗で楽しめるスイーツ券がつきます。

この時期は日中線しだれ桜並木の見頃です。喜多方駅と熱塩駅を結んでいた旧日中線跡地の一部を遊歩道として整備したもので、喜多方駅の西へ徒歩で約5分にある遊歩道入口から全長約3キロにわたって約1000本のしだれ桜が植栽されており、日本最大級のしだれ桜並木が楽しめる名所となっています。

(磐越西線を行くDLと客車 写真:くまちゃん / PIXTA)