企業の独自の強みである知的資産(定性的データ)と財務データ(定量的データ)の両方の観点から、自社の独自の強みや経営ビジョン、今後の事業展開とその見通しについてまとめた統合報告書…。

株主や取引先などの幅広いステークホルダーに対し、自社が持続可能な社会の実現に向けてどんな取り組みをしているのかを伝えるサステナビリティレポート…。

―――長期的な企業の価値向上を支えるESG投資がスタンダードになり、グローバル企業としてもESGにむけた対応や、こうした統合報告書やサステナビリティレポートなどの情報開示が求められているいま、どんな経営管理サービスが求められているか。

ADVERTISEMENT

その最新トレンドがキャッチできる発表会が、東京・恵比寿で4月18日に開かれた。

それが、CCH Tagetik ESG & Sustainability Performance Management 発表会

医療、税務・会計、ガバナンス、リスク管理とコンプライアンス、法務・規制、経営管理・ESG の各分野における専門情報、ソフトウェアソリューションとサービスのグローバルリーダー、Wolters Kluwer(ウォルターズ・クルワー:Tagetik Japan)は4月18日、経営管理プラットフォーム「CCH Tagetik」のアップデート版「CCH Tagetik ESG & Sustainability Performance Management」を発表。

会場には、ウォルターズ・クルワー 経営管理 & ESG 部門 Karen Abramson(カレン・アブラムソン)CEO、同 CCH Tagetik 箕輪久美子 日本マネージングディレクターらが登壇し、新たに動き出すソリューションについて説明。

ウォルターズ・クルワーの経営管理プラットフォーム「CCH Tagetik」は、すでに1700 社以上のグローバル企業が採用し、経営管理業務のデジタル変革に乗り出せる、注目ツール。

そんな経営管理プラットフォーム「CCH Tagetik」が、日本の市場リーチを拡大させ、企業のサステナビリティ経営を支援。

日本のグローバル企業が、グローバルと国内のESG規制に対応するための新機能「CCH Tagetik Corporate Performance Management」(CPM)ソリューションを、日本市場に向けて拡充させていくと伝えた。

CCH Tagetik の進化ポイントが、これだ↓↓↓

◆ ESG 指標を含んだ非財務情報と財務情報を含んだ企業全体の経営情報を一元化し、企業が変化に柔軟に対応できるよう支援。

◆ 定型業務を効率化し、戦略的な目標に集中することが可能に。

◆ 人工知能に基づく予測シミュレーションとインテリジェンスで、より的確な意思決定をサポート。

◆ 規制対応からの段階的アプローチにより、サステナビリティがコアにある新たな社会のなかでさらに成長するための事業戦略の構築を支援。

―――ウォルターズ・クルワーは、日本企業が新たなグローバル ESG 規制、日本の金融庁の ESG 適用ロードマップにおける要件、そしてサステナビリティ基準委員会の「サステナビリティ開示基準の将来計画」で示された方針に迅速に対応できるよう、CCH Tagetik のポートフォリオを拡大。

CCH Tagetik ESG & Sustainability Performance Management ソリューションを導入することで、日本の経営管理リーダーは、長期的かつ持続可能な成長を促進しながら、ESG 報告および開示要件に対応できる。

この監査に適した新しい機能は、ESG データと業務上の重要業績評価指標(KPI)の取得、統合、報告を促進するものという。

「日本の経営管理のリーダーが効率性を高め、意思決定を強化できる」

ウォルターズ・クルワー コーポレート・パフォーマンス&ESG 部門 カレン・アブラムソンCEO は、この新たなアップデート発表でこう伝えている。

「CCH Tagetik は、日本の CFO や経理・財務部門のリーダーが企業全体のデータを可視化し、接続し、分析することで、複雑なグローバル要件の管理、成長の促進、変化のナビゲーションを向上させるためのデジタル技術を提供してきた実績があります。

顧客の進化するニーズに対応するために ESG 機能を拡張することは、絶えず進化し、広範囲に及ぶ規制の課題に直面しても、日本の経営管理のリーダーが効率性を高め、意思決定を強化できるようにするという当社の取り組みを強化するものです。

ウォルターズ・クルワーはまた、昨年発表した EY とのグローバルアライアンスの継続的な拡大を受け、EY が日本においても経営管理ソリューション CCH Tagetik による大規模な経営管理プロジェクトの支援を可能にしました」

―――カレン・アブラムソンCEO がいう「EY とのグローバルアライアンスの継続的な拡大」の具体的なインパクトは、また別の記事で。

ここで、ウォルターズ・クルワーについて

ウォルターズ・クルワー(EURONEXT:WKL)は、医療、税務・会計、ガバナンス、リスク管理とコンプライアンス、法務・規制、経営管理・ESG の各分野における専門情報、ソフトウェアソリューションとサービスのグローバルリーダー。

深い専門知識とテクノロジー・サービスを組み合わせた専門的ソリューションを提供することで、顧客が日々重要な意思決定を行えるように支援しているという。

ウォルターズ・クルワーは、2022年に55億ユーロの年間売上高を計上。同グループは180か国以上の顧客にサービスを提供し、40か国以上で事業を展開、全世界で約2万人を雇用している。本社はオランダのアルフェン・アン・デン・レイン。

◆CCH Tagetik
https://www.wolterskluwer.com/ja-jp/solutions/cch-tagetik