※2023年5月撮影

トップ画像は、千歳烏山駅南口からスーパーマーケット「ライフ」に向かって歩いています。

「坂内 会津喜多方ラーメン」は、筆者が千歳烏山に住んで居るときに何度か食べているので2000年代始め頃からあった様な気がします。仕事で喜多方に行った時に坂内食堂のラーメンを食べましたけど。微妙に違いますが、どっちも美味しいです。

ADVERTISEMENT

このおそば屋さんは、美味しいので息子が小さい頃から何度も行きました。店内で蕎麦を挽いている機械を息子が珍しそうに見てました。その息子も今は30歳です。

※2023年5月撮影

このサカゼンは変わらないですね。筆者はこの10年ほど全身UNIQLOですが。(笑)

※2023年5月撮影

2000年(平成12年)2月、開店直前のライフ。ここができる前は、シミズヤさんで買物してました。商店街にはレトロな「市場」が残っていて、安くて品揃えも良かったんだけど・・・全て閉店して無くなってしまいました。残念。

※2000年2月撮影

現在の眺め。驚いたのは右の中華屋さんが現役だったこと。筆者の記憶では、かなり昔、たぶん30年以上前からやってます。

※2023年5月撮影

2005年(平成17年)12月、中華屋さんは変わりません。左には、2005年(平成17年)3月末まで「労働福祉共済会 烏山倶楽部・会館」が営業していました。学生時代の友人が赤ちゃんを連れて福島から遊びに来た時、ここに宿泊しました。リーズナブルでキレイだったとのこと。

※2005年10月撮影

現在は「子育てステーション烏山」があります。右には「烏山中央自転車等駐車場」、ここができる以前、駅の周囲は駐められた自転車が溢れていました。

※2023年5月撮影

2005年6月の眺め。「烏山倶楽部・会館」が解体されるのはもう少し経ってからだったと思います。自転車がたくさん写っています。

※2005年6月撮影

ライフの前を西に行くと変形五叉路になっています。右の「名倉堂接骨院」の隣にかつて筆者は住んでいました。

※2005年10月撮影

同じ場所。2000年(平成12年)2月。長い間「おせんべいやさん」があったコトを覚えています。

※2000年2月撮影

千歳烏山新旧散歩、続きます。

(写真・文/住田至朗)

※駅構内などは京王電鉄さんの許可をいただいて撮影しています。

※鉄道撮影は鉄道会社と利用者・関係者等のご厚意で撮らせていただいているものです。ありがとうございます。

※参照資料

・『京王ハンドブック2022』(京王電鉄株式会社広報部/2022)

・京王グループホームページ「京王電鉄50年史」他

下記の2冊は主に古い写真など「時代の空気感」を参考にいたしました

・『京王電鉄昭和~平成の記録』(辻良樹/アルファベータブックス/2023)

・『京王線 井の頭線 街と駅の1世紀』(矢嶋秀一/アルファベータブックス/2016)