「まさに、アデランスのウィッグ『フォンテーヌ』が、わたしを変身させてくれました。フォンテーヌの軽いつけ心地にびっくりしました。これなら気軽にファッションにあわせて、お茶会や演劇鑑賞、旅行にと明るい気持ちで行けます。人生100年、ウィッグに助けていただき、人生をもっと楽しみたい」

―――がん治療後などにひっそりと使われていたウィッグがいま、ファッションやエンタテイメントの分野へと活躍の場を広げている。

「ミセスユニバースジャパン2023」の会場で、誰もがそう実感した。

ADVERTISEMENT

ウィッグ「フォンテーヌ」などを手がけるアデランスは、7月7日開催「ミセスユニバースジャパン2023」(主催:ベリッシマジャパン)に協賛し、ウィッグを着用し新たな魅力の引き出し方を競う「フォンテーヌ ビューウィッグ賞 byアデランス」のグランプリ審査を実施。

この ミセスユニバースジャパン2023 は、woman empowerment(ウーマンエンパワーメント)の強化、女性の社会的地位の向上を掲げ、社会貢献をテーマとして、これまでの人生経験を糧に新たな挑戦に臨む女性を応援する世界的ミセスコンテスト。

身長制限も年齢制限もなく、一人ひとりの社会貢献への思いや行動力を重視し、今年は29歳から72歳の女性、合計47名がファイナリストとして出場した。

アデランスは、同大会の多様性を重んじる精神や、社会貢献活動への取り組み意識に共感し、昨年より協賛。

「フォンテーヌ ビューウィッグ賞byアデランス」では、同大会のファイナリスト47名のなかから事前審査で選出された5名の候補者が、アデランス製ウィッグを装着してランウェイをウォーキングし、候補者自身の新たな魅力を表現。

5名の候補者には、アデランス製ウィッグを贈呈するほか、1位に選ばれた人にはアデランス LED美容照射パネル「BeauStage VIRUGA」(ビューステージ ビルガ)が贈呈される。

ビューウィッグ賞 5名が語る、アデランス ウィッグへの愛

「フォンテーヌ ビューウィッグ賞 by アデランス」候補者は、画像左から、市川なつき、内田タミカ、太田香織、内藤景子、三善さおり の5名。

彼女たちは、アデランスのウィッグ『フォンテーヌ』で手に入れた、“新たな美と幸せ”について、それぞれがこうコメントした。

市川なつき―――挑戦をやめない努力家。
音楽健康指導士/DJ

◆使用ウィッグ:ヴァランVM64

「ウィッグのイメージはなんでしょうか。大病で髪を失ったときでしょうか。わたしはウィッグをつけて正義の味方になりたくてこのランウェイに立ちました。まさに、アデランスのウィッグ『フォンテーヌ』が、わたしを変身させてくれました。フォンテーヌの軽いつけ心地にびっくりしました。これなら気軽にファッションにあわせて、お茶会や演劇鑑賞、旅行にと明るい気持ちで行けます。人生100年、ウィッグに助けていただき、人生をもっと楽しみたい」

内田タミカ―――世界が舞台の美のスペシャリスト。
イメージコンサルタント

◆使用ウィッグ:ヴァランOV01

「くせ毛のわたしは、アデランスのウィッグ『フォンテーヌ』で、おしゃれなヘアスタイルが一瞬で手に入りました。このウィッグで、あっという間に憧れのストレートヘアと斜めの前髪が手に入りました。ジェーン・バーキンのようなデニムや、黒のワンピースなど、かっこいい衣装もこれから楽しみたいと思います。浴衣で花火大会や、着物で美術館にもでかけたくなります。ファッションコーディネートをウィッグでもっと広げていきたいと思っています」

「アデランスのウィッグ『フォンテーヌ』が、おしゃれを表現する一部に」

太田香織―――CAから起業家へ!夢に向けたチャレンジ。
起業コンサルタント
◆使用ウィッグ:ヴァランVM64

「なりたいわたしをかなえてくれる。それが、アデランスのウィッグ『フォンテーヌ』です。わたしはロングヘアなので、こうして初めてのショートも楽しめて、いますごくわくわくしています。ウィッグは種類が豊富で、地毛では叶わないようなヘアスタイルも、こうしてかんたんに叶えてくれます。パーティーや旅行など、大切な人とのお出かけなどで、もっともっとウィッグを使っていきたいと思います」

内藤景子―――美と健康の伝道師。
ウォーキング講師
◆使用ウィッグ:ヴァランVR17

「わたしはロングヘアで腰ぐらいまであります。このアデランスのウィッグ『フォンテーヌ』で、あこがれていた帽子をかぶりたいと思いました。冬はウィッグをコーディネートして、お洋服を楽しむ……そんな毎日が訪れることがとても楽しみです。そして旅行にも『フォンテーヌ』といっしょに行きたいと思ってます。このようなウィッグを体感できる機会をいただき、本当に心から感謝しております」

三善さおり―――安心する場所でありたい。
心理カウンセラー
◆使用ウィッグ:フォンテーヌデザイナーズウィッグDF54

「わたしはおしゃれが大好きです。年齢に関係なく、いつもおしゃれを楽しんでいるわたしとしては、このアデランスのウィッグ『フォンテーヌ』が、おしゃれを表現する一部になりました。このウィッグで夏は海に行きたい、花火大会にも行きたい。いま出会えたこのウィッグで、人生がもっとワクワクしてきました。わたしはかつて、出産で髪の毛が薄くなりましたが、そのときにこのウィッグに出会えていれば、どんなに楽しかっただろうと思っています」

「ファッションやミュージカルの世界でのウィッグにも注目を」

「フォンテーヌ ビューウィッグ賞 byアデランス」は、アデランス 津村佳宏 代表取締役社長グループCEOをはじめ、フォンテーヌのCMにも出演する池畑慎之介(ピーター)、女優 凰稀かなめ、キャンサーフィットネス 広瀬真奈美 代表、透視家 七海マリア、健康・美容スペシャリスト ラザレスクコリナらが審査。

こうした美と健康のスペシャリストたちが選考した「フォンテーヌ ビューウィッグ賞 byアデランス」のグランプリは、三善さおりに。

アデランス 津村佳宏 代表は「フォンテーヌは、いろいろなヘアスタイルに変身できるので、こうしたコンテストのほか、パーティーや旅行など、さまざまなシチュエーションで役立つ。今回のファイナリストの5人もすごく素敵です」と伝え、こう続けた。

「女性向けウィッグは、髪の毛のボリュームダウンや白髪を隠すために使うという時代から、円形脱毛症やがん治療のカバーといった医療用ウィッグが主流だった時代を経て、最近はファッションで使われるようになってきました。

今回の『フォンテーヌ ビューウィッグ賞 byアデランス』は、アデランスのトップデザイナーでパリコレからも多くの依頼が入る「のりこ」がファイナリストたちの髪を演出しました。ウェルネス&ビューティーをめざすアデランスが、ウィッグを通じて世界の女性をもっと美しく、輝けるようになればと思っています。

また、劇団四季の『キャッツ』や、宝塚歌劇団の『ベルサイユのばら』『エリザベート』、東宝の『エリザベート』でも、アデランスのウィッグが活躍しています。これからは、こうしたファッションやミュージカルの世界でのウィッグにも、ご注目ください」(アデランス 津村代表)

「ウィッグをまとって、自分の新しい自分を発見してほしい」

また、審査を務めた池畑慎之介や凰稀かなめらも、いつも愛用しているアデランスウィッグ「フォンテーヌ」をこう絶賛していた。

「アデランスが55周年、わたしもデビュー55周年ということで、デビューからずっとアデランスにお世話になっています。今回のフォンテーヌで、フレッシュにチェンジしてみました。いかがでしょうか」(池畑慎之介)

「アデランスには宝塚時代からずっとお世話になっています。宝塚をやめてからも、オフのときなどにつけています。ほんとうに自然で、ウィッグをつけるだけでまったく違う自分になれるのが気に入っています」(凰稀かなめ)

「アデランス『フォンテーヌ』は、質感がナチュラルでいろいろ持っています。つけ心地がよくて、いろいろな自分に出会えることを実感しています。こうしたウィッグをまとって、自分の新しい自分を発見してほしいと思います。すばらしいアイテムです」(広瀬真奈美)

「わたしは髪が薄いのに、ウィッグをつけてすぐに準備して一日をスタートできる。だから、忙しい人にもほんとうにおすすめです。こうしてモデルみたいにすぐに変身できる。ほんとうにすばらしいです」(ラザレスクコリナ)

―――アデランスは、ことし2023年で創業55周年。新時代を表す「NEXT ADERANS」を掲げ、創業当初からの理念「世界のブランド アデランス」をめざし、毛髪・美容・健康・医療・衛生のグローバルウェルネスカンパニーとして、夢と感動を提供し続けていくと会場でも伝えていた。

また当日は、フォンテーヌ、ビューステージのブースを設置し、アデランスのウィッグや「BeauStage VIRUGA」をはじめとする美容商品も展示し、オーディエンスの注目を集めていた。