いよいよ夏休み本番! コロナ禍で我慢していた“旅欲”が、この2023夏に一気に炸裂する気配―――。

そんないま、ホテル・ツアーの予約や海外航空券の予約、レンタカーや高速バスの予約がまるっとできる「楽天トラベル」が、環境・社会・経済に配慮した旅をみつけられるアイコンやバッジで注目を集めている。

楽天トラベルでは、2022年から国内の登録宿泊施設におけるサステナビリティへの取り組みを紹介する「サステナビリティアイコン」や、取り組みが一定の基準を満たした宿泊施設へ付与する「サステナブルトラベルバッジ」を公開中。

地球や人に優しい“サステナ旅”が実現

ADVERTISEMENT

こうしたアイコンやバッジは、持続可能な旅行と観光のための世界基準を設定・管理している GSTC の基準をもとに、楽天トラベルが独自に作成し、サステナブルな旅行を推進する業界団体である JARTA の監修を受けて公開。

このサステナビリティアイコンやサステナブルトラベルバッジをチェックすることで、旅行者が旅先の地場の食やその地の歴史、文化、豊かな自然やその土地ならではのモノ・コトを楽しめる、地球や人に優しい“サステナ旅”が実現するというわけだ。

―――ってことで、ここでサステナビリティアイコンとサステナブルトラベルバッジについてあらためて知り、楽天トラベルが提案する“サステナ旅”を、この夏に体感してみよう。

取り組みがひと目でチェックできるサステナビリティアイコン

楽天トラベルが表示する「サステナビリティアイコン」は、「廃棄物」「水資源」「エネルギー」「自然環境」「食」「伝統/歴史」「多様性」「地域貢献」の8つのカテゴリに分かれ、旅行者は宿泊施設がどのような分野でサステナビリティに取り組んでいるのかをひと目でチェックできる。2023年5月時点では、全国5000施設以上がアイコンを公開している。

絞り込み検索ができるサステナブルトラベルバッジ

また、「サステナブルトラベルバッジ」は、サステナビリティへの取り組みが一定の基準を満たしている宿泊施設に表示中。

取り組み内容の度合いに応じ、星の数が2段階で表示され、旅行者は「サステナブルトラベルバッジ」が付与された宿を検索時に絞り込んで選ぶこともできる。

楽天グループ「Go Green Together」プロジェクトのトレンド

こうした楽天トラベルの“サステナ旅”に向けた取り組みは、楽天グループ「Go Green Together」プロジェクトの一環。

楽天グループは、生活者に向けて、環境に配慮したグリーンな未来を呼びかける「Go Green Together」プロジェクトを2022年4月から始動。

楽天は、同社グループが提供するあらゆるサービスを通じ、環境問題やサステナブル消費などを考えるきっかけを創出し、環境・社会・経済に配慮した持続可能なグリーンな社会の実現を、後押ししていくという。

◆楽天トラベルと始める「旅行xサステナビリティ」
https://travel.rakuten.co.jp/special/sustainability/