あなたの自宅や仕事場、地域の集会所や店舗・宿泊施設などに、使用期限を超えたカセットこんろ・カセットボンベがあるかも―――。

製造から10年以上経過しているカセットこんろ、製造から7年以上経過しているカセットボンベは、経年劣化により古くなっていくにつれて、ガス漏れなどの事故が発生するリスクがあるって、知ってた?

カセットこんろの使用期限は10年、カセットボンは7年

カセットこんろの買い替え検討の目安は10年、カセットボンベの使用期限の目安は7年といわれている。

ADVERTISEMENT

ではこの使用期限をどうチェックしたらいいか。

日本ガス石油機器工業会は、「カセットこんろは本体側面に貼られている銘板シールで、カセットボンベは缶底の数字で製造年が確認してほしい」と警鐘を鳴らしている。

10月7日を「カセットこんろとボンベの日」に制定

また、日本ガス石油機器工業会は、この「カセットこんろの使用期限は10年、カセットボンは7年」という数字から、10月7日を「カセットこんろとボンベの日」に制定。

カセットこんろとカセットボンベには、ガス漏れが生じないようにゴム部品が使われている。

ゴム部品は年数が経って古くなっていくにつれ劣化していくため、ガス漏れが生じる危険性がある。

そこで、新たに制定した「カセットこんろとボンベの日」をカセットこんろ、カセットボンベを使用・確認するタイミングにしたい。

10月7日には家にある食品・材料で「防災鍋」をつくろう

ってことで、10月7日には、眠ってる自宅のカセットこんろとカセットボンベを使用して、そのとき家にある食品・材料で「防災鍋」をつくり、使い方、カセットこんろとカセットボンベの使用期限を確認し、こんろやボンベを更新していこう。

この防災鍋とは、電気・ガス・水道がストップしてしまったという想定で、「そのときにある材料・停電した冷蔵庫の材料で食事をつくる」「湯煎で調理をする」「お米を炊く」など、カセットこんろ・カセットボンベを使って食事をつくること。

この防災鍋のつくり方などは、日本ガス石油機器工業会 公式サイトに詳しく紹介されているから、気になる人は、チェックしてみて↓↓↓
https://www.jgka.or.jp/gasusekiyu_riyou/anzen/gasu_cassette/kinenbi/index.html

高荷智也 防災アドバイザー「正しい使い方を知らないと、非常時に…」

また、高荷智也 防災アドバイザー「そなえるTV」でも、「カセットこんろとボンベの活用」をテーマに、カセットこんろ、カセットボンベの正しい使用方法、使用期限、備蓄方法、活用方法から関連した法律まで、カセットこんろ、カセットボンベの役立つ知識を解説。

「災害や停電に対する「インフラ停止対策」は大切な備えであり、その最重要アイテムのひとつが「カセットこんろ」と「カセットボンベ」です。

これが存在するだけで非常時の生活水準が大きく向上する、必ず用意したいアイテムです。

しかし、正しい使い方を知らないと、非常時にうまく活用することはできません。

今回の「カセットこんろとボンベの日」動画を通じて、平時にも非常時にも大活躍するカセットこんろとカセットボンベ活用のポイントを、ぜひ学んでください」(高荷智也 防災アドバイザー)

日本ガス石油機器工業会 カセットこんろの実態調査結果も衝撃

2023年9月に日本ガス石油機器工業会が実施した「カセットこんろの実態調査」では、「無目的または防災備蓄目的でこんろボンベは持っているが日常ではまったく使わない」と答えた人が合計で33.6%存在し、多くの人がカセットこんろの使用に慣れていないと推測。

カセットボンベをどの程度持っているかの質問では「1~3本」(63.6%)が大半で、政府が推奨する備蓄水準には不足していた。

保管場所については、「キッチン・ダイニング・リビング周り」以外の日常生活でかんたんに取り出せない場所に保管されている人が約4割。

このように多くの人々の生活で、いざ被災したときにすぐに役立てられるかどうかわからない実態が浮かび上がった。

また、「カセットこんろもボンベも、古くなったら交換が必要だと認識している」(44.7%)が半数に届かず、日本ガス石油機器工業会では「カセットこんろとボンベの日」を通して、より多くの人にカセットこんろ、カセットボンベの正しい使用方法、使用期限について知ってほしい伝えている。