ギガをゲットできるプロモコードを記載した、ついつい集めたくなる全46種類の可愛らしい「povo#ギガ活かるた」が、東京(新宿)や大阪(難波)の街なか、そして東京多摩エリアの標高599m 高尾山 山頂に出現。

この無料配布中の「povo#ギガ活かるた」に記されてるプロモコードを povo2.0アプリ に入力すると、0.01GB から 0.5GB のデータがゲットできるぞ!

これ、日常生活で暮らしながらデータ容量を「もらう」「さがす」「あたる」この「#ギガ活」を通して、ユーザーの「やりたいを叶える」パートナーとしての povo2.0 の魅力を伝えるサプライズってことで、ここでおトクな情報を詳しくチェックしていこう↓↓↓

まずは街中に隠れている「povo#ギガ活かるた」を探せ!

ADVERTISEMENT

まずは、街中に隠れている「povo#ギガ活かるた」を探そう。

その一例(画像↑↑↑)が、この東京・新宿&高尾山や大阪・難波に出現中の「povo#ギガ活かるた」。

次は、かるたの中にあるプロモコードを確認。

povo2.0アプリでプロモコードを入力すると、各コードに割り当てられたギガがもらえるってわけ。

しかも「povo#ギガ活かるた」はこんなにある!

しかも、東京・新宿&高尾山や大阪・難波に出現する「povo#ギガ活かるた」は、こんなにある!

46種類を大放出ってことで、ギガがもらえるチャンスも想像以上。

ちなみに、一部のかるたで共通の引き換えコードが掲載されているから、同じ引き換えコードを入力しても、もらえるデータは1回まで。

1人当たり最大2.0GBまで取得OK だから、どんどん見つけてギガをゲットしよう!

詳しくは、こちら↓↓↓
https://povo.jp/giga_karuta_2023_10/

ポイントを貯めるようにギガを貯める povo2.0「#ギガ活」

povo2.0「#ギガ活」は、日常で利用する店舗でギガを「もらう」、街中やバーチャルイベントなどに隠れているギガを「さがす」、抽選などでギガが「あたる」という3つの取り組み。

例えば「もらう」では、#ギガ活へ事前エントリーの上、指定のコンビニエンスストアで500円(税込)以上の商品を購入すると、3日間有効な0.3GBのデータボーナスを受け取れる。

また、指定の居酒屋で2,000円(税込)以上利用すると、7日間有効な1.0GBのデータボーナスがもらえたりする。

povo2.0 は、基本料が0円で、必要に応じて「トッピング」という高速通信が可能なデータ容量を購入する仕組みのため、#ギガ活対象の複数店舗で買い物をして、計画的かつ定期的にデータボーナスを獲得していけば、1か月のデータ通信料を実質0円にすることも可能。

日常の暮らしのなかでポイントを貯めるようにギガを貯める、新しいライフスタイルというわけ。

テーマソング「ひとりといっぴき」りみー+Rin音もチェック!

3年目を迎える povo2.0 の新しいコンセプトは、「もっとできる、一緒なら。」。

ユーザーの日常に寄り添い「やりたいを叶える」パートナーをめざし、今後もサービスを展開。

2周年を記念し、「ひとりといっぴき」をキーワードに、基本料0円で使う分だけトッピングするサービスを通じ、やりたいを支えるパートナーでありたいという povo2.0 の想いを表現したテーマソング「ひとりといっぴき」りみー+Rin音(Prod. by maeshima soshi)を9月28日から、YouTube公式アカウント(@povoofficial)で公開中だから、こちらも要チェック↓↓↓