2020東京オリンピック BMXフリースタイルに出場し5位入賞。

2022年にはBMXフリースタイル世界選手権で初優勝、日本人初の世界王者に輝き、パリオリンピックへの出場が期待される プロBMXer―――中村輪夢。

彼がいま感じる、海外選手と国内選手の差とは? 挑む最新のエアトリックは? そして彼を動かす次の夢とは。

ADVERTISEMENT

―――そんな中村輪夢のリアルに迫るのが、ボートレース公式YouTubeチャンネルで艇王・植木通彦が MC を務める対談番組『Dream Runner』。

新技を大きな大会で初出しする理由

Dream Runner 前編では、BMXフリースタイルパークの見どころや魅力から、海外選手と国内選手の差、そして新技までを中村輪夢が大胆披露!

見どころはココ↓↓↓

00:29 プロBMXライダー中村輪夢登場!名前の由来とBMXを始めたきっかけ
02:05 BMXフリースタイルパークってどんな競技?その魅力とは!
03:50 新技を大きな大会で初だしする理由とは?
05:50 選手みんなでバトルを楽しむ!その訳とは?
07:33 まだ発展途中!海外と日本の差とは!
09:34 中村輪夢世界のテクニックを披露!植木通彦もBMXに挑戦??

中村輪夢がいま感じているプレッシャー、パリ五輪への想い

Dream Runner 後編では、中村輪夢がいま感じているプレッシャー、東京2020オリンピックへのリベンジ魂、パリオリンピック出場めざしていま挑んでいることを、赤裸々に語ってくれるぞ。

見どころはココ↓↓↓

00:28 BMX東京オリンピック日本代表・中村輪夢登場!今いち押しの新技!
01:53 特別なプレッシャー!五輪のリベンジは五輪で晴らす!!
03:57 中村輪夢流のメンタル回復術!
05:01 中村輪夢、2022年、日本人初の世界王者誕生!
06:25 パリオリンピック出場を目指して!現在の心境とは?
07:47 中村輪夢の目指す場所と夢とは!
09:20 恒例企画!世界の中村輪夢がモンキーターンに挑戦!

―――ボートレース『Dream Runner』は、ボートレースアンバサダー植木通彦がさまざまな世界のトップランナーとの対談を通じてボートレースとの共通点を見つける YouTube 番組。

種目や業種、地域、目標は違えど、必ずボートレースの魅力との共通点を見出す『Dream Runner』を、チェックしてみて。

◆中村輪夢
京都府京都市出身。2002年2月9日生まれ。BMXフリースタイルパークにおいてジュニア時代から数々の大会で成績を残し、中学生でプロに転向すると、2017年の世界選手権では最年少出場で7位入賞、2019年にはワールドカップのBMX フリースタイルで日本人男子として初の表彰台となる2位に輝く。さらに、同年のXGamesで2位に入り、日本人初・BMX PARK史上最年少表彰台という快挙を達成。2020東京オリンピックにも出場。そして、2022年 「2022 UCIアーバンサイクリング世界選手権」BMXフリースタイル・パーク種目初優勝を果たし、初めての世界一となる。

◆植木通彦(ボートレースアンバサダー)
もとボートレーサー。現役時代は不死鳥・艇王と呼ばれ、3度のグランプリ制覇・SG10冠・公営競技初の2億円達成・生涯獲得賞金22億円など記録にも記憶にも残るレーサーとして今でもファンから愛されている。