リモートワークが定着し、働き方が多様化した現代。誰もが自らの働き方を主体的に選択できる時代。

だからこそ、わざわざ集まることで生まれる熱量や多様なコミュニケーションから見えてくる未来があると考え、NTT都市開発が立ち上げた新オフィスブランドが、「owns」(オウンズ)。

「owns」は、人それぞれの働き方や価値観を尊重しながら「集まることの価値」を最大限高めていく、新しいオフィスブランド。

ADVERTISEMENT

例えば、コミュニケーション内容に合わせて選択できるさまざまな共用スペースを設えることで、リアルな場だからこそ生まれるアイデアやつながりを、一人ひとりの生き方や働き方を、ともに考えていくことをめざしていける。

「この場所で働く人の数だけ未来の可能性が生まれ、ここに集うたくさんの個性が混ざり合い、独特の空気感を醸成していく、そんな拠点が誕生します」(NTT都市開発/arca)

「集まりたくなる空間」を体現

そんな新時代オフィスブランド「owns」(オウンズ/ブランディングパートナーarca)をいち早く体感できる場が、南⻘山「SHARE GREEN MINAMI AOYAMA 」で、3月2日から3月10日まで開催しているポップアップイベント。

このポップアップイベントでは、「owns」を体現したオフィス空間が出現。

この空間では、好きな場所を好きな形でアレンジして、自分たちだけの集まりたくなる“場”をつくり、自由に使ってみることができる。

実際に中に入ってみると、工事現場で利用されている“足場”を使っているのがわかる。

繰り返し使用される資材を採用することで、未来につながるサスティナブルな環境をつくりあげている。

また、共有ラウンジのように、熱量もリラックスも一堂に会する空間で、より親睦を深められるコンテンツ配置や、近隣カフェと連携することにで、「owns」の掲げる「集まりたくなる空間」を体現している。

多彩なクリエイターによる仕掛けも

さらに、通常のオフィス空間では味わえない多彩なクリエイターによる、香り・遊び・音楽・本・展示など、会話のきっかけや、アイディアのインスピレーションになるような仕掛けが、各場所に散りばめられているのもポイント。

―――owns ブランドの展開については、現在、都内の平河町、日本橋、新橋、八丁堀の4物件を予定し、9月(予定)から順次オープン。

さらに今後も継続的に拡大していくというから、気になる人は、公式サイトをチェックして行ってみて↓↓↓
https://nttud-owns.com/

owns の魅力 01 熱量もリラックスも一堂に会する、集いたくなる空間

企業の思想や価値観を反映し、プライベートなオフィススペースを自由にカスタマイズすることで、集いたくなる企業ならではの空気感を醸成。

デスクを囲んだ議論から、広々としたテラスでのカジュアルな相談まで、使い方は自分たち次第。

owns の魅力 02 プライベート空間を出た先に広がる、多様な居場所

プライベートなオフィス空間を出た先には、気分やニーズに合わせて使用できる多様な居場所としての共用空間。

ラウンジでのちょっとした打ち合わせも、屋上テラスでの考えごとも、新しい交流を生むイベントも、思いのままに。

owns の魅力 03 より深く、より親睦を深められる飲食スペース

街とつながるオープンなエントランスカフェや、屋上テラスでの飲食を介したイベントなど。

オフィスごとに異なる飲食空間での、密度の濃いコミュニケーション、オフィスでは生まれない会話を。

owns の魅力 04 規模やタイミングに合わせて柔軟に拡張できる働く場

すぐに入居できるセットアップのオフィスや、集中したい打ち合わせにピッタリな予約制のスモールスペース。

話したいタイミングでスムーズに利用できる充実のオフィス機能で、ストレスのない日々を手軽に実現。

owns の魅力 05 心ゆたかに働くための、未来につながるサスティナブルな環境

すべてのownsでエネルギー消費量50%以上削減を実現する環境認証「ZEBready」を取得するなど、より良い未来につながる空間に。

働くことに誇りを持てるオフィスで、多様な価値観が混ざり合う心ゆたかなワークスタイルを。

【関連リンク】