特急街道を走る「雷鳥」©masatoki minami

2024年3月16日、北陸新幹線金沢・敦賀間開業――

福井県が新幹線に湧くなか、同県越前市出身の鉄道写真・南正時さんが活動60周年を迎える。そこで、氏の写真で福井の鉄道史をたどる記念写真集の発刊準備が進んでいる。

県内有志が「南正時ふくいの鉄道写真集出版実行委員会(代表・坂井裕之)」を立ち上げた。福井新聞社などによるクラウドファンディングサービス「ミラカナ」で資金調達を図る。募集期間は2024年4月18日から6月16日まで。目標金額は150万円。

ADVERTISEMENT

膨大なアーカイブの中から選りすぐった福井にまつわる約80点の写真をまとめ、南さんの珠玉のエッセイとともに掲載する。旧国鉄時代に蒸気を上げて走った越美北線の機関車、特急街道北陸線を代表する「雷鳥」「しらさぎ」、北陸線に対抗してつくられた福井鉄道200形など、昭和から令和に至る福井を彩った鉄道が美しい写真で甦る。

写真集はAB判、ソフトカバー(本文108ページ)で、価格は税込み4,000円前後を見込む。発売は2024年8月8日予定。北陸新幹線の延伸により乗り換えなしで繋がった首都圏や福井県内の主要書店、福井新聞オンラインブックスなどで発売する。

リターンとしてSNSで「爆走する路面電車」と話題の鉄道会社「福井鉄道」とともに、鉄道体験イベント「南さんと行く福井鉄道〝激アツ〟ツアー」(8月中旬~下旬)を企画。乗車したままでの車両工場への車庫入れや大正~昭和期の車両撮影会など、プレミアムな鉄道体験を用意した。ほかに旧北陸線の廃線跡などを巡る1泊2日の「満喫ツアー」なども。

【関連リンク】