埼玉県の鉄道博物館で現在開催中の「驚・収蔵展」(~2024/6/17)。

その関連イベントとして、「青春18きっぷ」のポスター制作に関わってきた込山富秀さん、鉄道写真家長根広和さんのトークショーが行われます。開催日時は2024年5月26日(日)13時~(約60分)、入場料無料、定員100名。

「青春18きっぷポスター」はどのような視点で企画されて生まれてきたのか、制作者たちは鉄道をどうとらえたか、表現の変遷の背景には何があったか、といった内容を資料映像とともに語るもの。「青春18きっぷ」自体今なお人気の商品であり、そのポスターをいつも楽しみにしているというファンの方も多いはず。とてつもないトークショーになりそうです。

ADVERTISEMENT

込山さんは山梨県出身のアートディレクター/クリエーティブディレクター。青春18きっぷポスターは1990年から35年担当し続け、現在も継続中。

長根さんは神奈川県出身の鉄道写真家、マシマ・レイルウェイ・ピクチャーズ代表取締役。鉄道会社のポスターや時刻表の表紙写真を手掛けており、2000年から「青春18きっぷ」ポスター写真の撮影に関わっています。

また、会場では5月22日~27日にかけて、「青春18きっぷ」ポスターの原型ともいわれる「Tokyo Train」のポスターや、「新幹線開業」等のポスターも展示。鉄道ファンにとっては注目のイベントとなりそうです。

【関連リンク】