渋谷キャスト 4月28日開業…期間限定バー「香りを楽しむ列車の旅」もオープン

2017.04.28

東京・渋谷。山手線の車内から見える宮下公園の先に、新たな複合施設が4月28日、オープンしました。東京急行電鉄、大成建設、サッポロ不動産開発、東急建設の4社が出資する渋谷宮下町リアルティによる「渋谷キャスト(SHIBUYA CAST.)」です。

4月28日午前中に行われたオープニングセレモニーでは、渋谷から青山方面へとつながる貫通通路に、地域の代表者や施設関係者などが参列し、テープカットを行いました。会場では、個性的なデザイナーが集まるマーケット「SHIBUYA DESIGNERS MARKET」も開催。会場内には、カラフルな体験型のアート作品や、渋谷キャストに本社を移転するベイクルーズによるカリートラック「J.S. CURRY」、ロンドン発デリカフェ「FRANZÈ & EVANS LONDON」などのキッチンカーも登場しました。

また、「世界No.1カルチャーシティ、渋谷」をフィーチャーするJ‐WAVE(81.3FM)の人気ラジオ番組「AVALON」とコラボし、公開収録も実施。番組のナビゲーターである河北麻友子さんが進行役になり、青山テルマさんなどをゲストに迎え、トークを展開。女優・タレントの河北麻友子さんは、「渋谷キャスト開業おめでとうございます! クリエイターたちのために渋谷をさらにパワーアップできる施設だなと思いました。大好きな渋谷に、新しい施設ができてうれしいです」とメッセージを送りました。

夜には、「ライゾマティクス」のクリエイターが監修するライトアップが演出が施され、ドラマチックな雰囲気に。パリ・コレクションの音楽なども手がけた注目グループ「Open Reel Ensemble」による幻想的なライブパフォーマンスなども行われました。

オープニングイベントは5月7日まで実施。カルチャー、アート、音楽、食などさまざまなテーマのコンテンツを連日展開。同社は、「WORK LIVE PLAY を合言葉に、自由な発想をもつ人々が交流し、新たな価値やカルチャーを生み出す創造活動拠点として運営していく」と伝えています。

さらに5月3~7日には、多目的スペースでスペシャルバー「Flavour Journey Express by BOMBAY SAPPHIRE 香りを楽しむ列車の旅」が期間限定オープン。北米4大プロスポーツリーグであるNHL(ナショナルホッケーリーグ)やアディダスなどのクリエイティブを手がけた、ガブリエル・ポアリエール氏率いる「CHAMPAGNE CLUB SANDWICH」による“触って楽しむ”デジタルアートで装飾されたバーが出現。同社は「列車で異国の旅に出かけたような雰囲気で、デジタルアートとジンの“香る”ジントニック(無料)を楽しんで」と伝えています。


LINEで送る

オススメ記事