前衛芸術家Richard Kerolean(1912-1998)世界初の回顧展「ケロリンミュージアム」開催

2018.10.10

北千住の日本庭園と薬湯で有名なタカラ湯で開催されます

「キングオブ縁側」または「キングオブ庭園」と呼ばれ、風呂上がりの心地よい一時を石燈篭や錦鯉が泳ぐ池を眺めて過ごすことができる銭湯です。

リチャード・ケロリンとアートはフィクションですが(笑)

北日本新聞社は、昨年から始動した富山県を銭湯で盛り上げる「富山×銭湯PROJECT」第2弾として、銭湯で芸術の秋を楽しむための、富山県発祥の「ケロリン桶」をモチーフにしたアート作品展『ケロリンミュージアム』を10月27日(土)、28日(日)の2日間、 足立区北千住の銭湯・タカラ湯で開催します。本日10月10日(銭湯の日)、特設サイト&コンセプトムービーが公開されました。

特設サイト

《ケロリンミュージアム》
『ケロリンミュージアム』には、ケロリン桶と銭湯と富山を愛した前衛芸術家リチャード・ケロリーンの作品が多数展示されています。2024個のケロリン桶を使用した代表作「ケロリンピラミッド」をはじめ、初期から晩年までの名作を多数展示。ケロリンミュージアム限定グッズも販売予定!さらに、幻の「ホワイトケロリン」も展示されます。

開催場所:タカラ湯 東京都足立区千住元町27-1 (最寄り駅 北千住駅)
開催日時:10月27日(土)、28日(日)の2日間。開館時間10時~18時(17時30分最終入場)
※入場無料ですが、イベント当日は入浴できません。

10月10日(水)掲載 北日本新聞朝刊新聞広告30段!

【参考:ケロリン桶】
ケロリン桶は、富山県にある内外薬品(現: 富山めぐみ製薬)が製造・販売する解熱鎮痛剤である「ケロリン」の広告が印字された桶です。銭湯で子供が蹴飛ばしても、腰掛けにされてもビクともしないケロリン桶は、驚異的な強さから、別名「永久桶」とも呼ばれています。

銭湯と言えばケロリン桶です。『ケロリンミュージアム』のコンセプトムービー「リチャード・ケロリンとアート」には大笑い。北日本新聞さん、やりますねぇ。ワザとビデオノイズまで仕込まれていますよ!シャレが分かっていて、すごくカッコ良いです!30段の新聞広告、額装して貼りたい!

※リチャード・ケロリーンの物語はすべてフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。
※展示される作品は、変更される場合がございます。

TAGS


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです