1886年(明治19年)日野に誕生したビール「TOYODA BEER」を多摩モノレールで楽しみます

2017.08.20

日野市発祥 多摩地区最古のビール工場

平成25年の発掘調査と蔵の調査で煉瓦造ビール貯蔵所の跡や当時のビールラベル、そしてビール貯蔵所を写した写真乾板(撮影されたのは大正期で、その時は蔵として再利用されていた)が発見されました。これを期に「多摩地区最古のビール」を復活させる「TOYODA BEER 実行委員会」というプロジェクトが立ち上がりました。

モノレールから夜景を楽しみながら「TOYODA BEER」が飲み放題

「TOYODA BEER 実行委員会」協力のもと、多摩モノレールと日野市が共催で「TOYODA BEER ナイト in 多摩モノレール 2017」が開催されます。日野市の食材を使った「おつまみ」も楽しめます。

イベント概要

運行日は、平成29年10月14日(土)、17時に多摩センター駅を出発します。立川北駅で折り返し、多摩センター駅で約40分停車します。イベント列車は途中下車ができません、また車内にトイレがないのでこの時間を利用しましょう。18:50頃高幡不動駅で解散の予定です。

参加方法

定員は150人、料金は1人4、500円です。ただし、1人での参加はできません。2人から4人のグループで申し込んでください。座席はグループごとの指定になります。応募は多摩モノレールのホームページ(http://www.tama-monorail.co.jp)の応募フォームからになります。募集期間は8月21日(月)10:00〜9月3日(日)23:59で応募多数の場合は抽選になります。

問い合わせ:多摩モノレール 総務部事業課 TEL 042-526-7800(平日9:00〜17:45)


LINEで送る

オススメ記事