中央線グリーン車導入や高速バス対抗策、特急あずさかいじに新着席サービス_回数券は消滅

2018.11.01

高速バスとの競合、グリーン車の導入……新幹線が並走せず、在来線特急がいまも存在感ある中央線。

その東京側を結ぶ特急 あずさ かいじに、新しい着席サービスが始まる。

現在、あずさ かいじに投入が続いている新型車両E353系が、2019年春にほぼコンプリートされるのにあわせ、指定席まわりを「ひたち化」。

来春からは、常磐線特急ひたち ときわで実績を積んだ着席サービスを中央線特急あずさ かいじに導入。特急料金はシンプル化される。

新たな特急料金は、たとえば50kmまでは普通車事前料金が750円、車内料金は1,010円。

JR東日本の普通列車グリーン車は、50kmまでは事前料金(平日)770円、車内料金は(平日)1,030円。

特急列車普通車と普通列車グリーン車が、ほぼちかい額に。

あずさ回数券は終了

また、普通車の全席で事前に座席指定を可能にし、座席の指定を受けなくても車内の空席を利用できるように。

さらに、スマートフォンや携帯電話から座席指定を受け、駅で特急券を受取らずに、そのまま乗車できる えきねっとチケットレスサービス もスタート。

えきねっとトクだ値(乗車券つき)を新価格で設定するほか、早めの申込みでさらに割安になる お先にトクだ値(乗車券つき)を新設する。

この新着席サービスにあわせ、中央線特急で定着していた あずさ回数券や、中央線料金回数券、信州特急料金回数券は発売を終了させる。

<テクノロジー関連記事>

TAGS


LINEで送る

オススメ記事