東武鉄道にやってきた“後釜”C11形1号機は青梅鉄道公園にいるC11形1号機じゃないの?

2018.11.14

じゃなかった―――。

東武鉄道が「大手私鉄初」の蒸気機関車復元へむけて動き出している。

きょう11月14日、復元用のC11形1号機が南栗橋に到着したもよう。

いま美紀ちゃんが、南栗橋で絶賛現場取材中↓↓↓

で、このC11形1号機。

あまり蒸気機関車について知らない人にとっては、「青梅鉄道公園に保存されてるやつ?」って思う人もいるんじゃない?

これを記してるこちらもずっとそんなことをもやもやと思ってた。

東武鉄道の「復元予定のC11形蒸気機関車について」には、こう記されてる。

「1947(昭和22)年に江若鉄道(滋賀県)の発注により、日本車輌製造にて製造。江若鉄道で客車を牽引したのち、1957(昭和32)年から雄別炭礦鉄道(北海道)、1970(昭和45)年から釧路開発埠頭(北海道)にて貨物列車を牽引して活躍しました。1975(昭和50)年廃車後、静態保存されていました」

C11形1号機は、国内に2ついる!?

どうやらそうらしい。

実はこC11形1号機、東京の青梅鉄道公園にいるC11形1号機とは別物で、私鉄の江若鉄道が発注した機材なんだって。

じゃあ、青梅のC11形1号機は?

青梅鉄道公園の公表では、江若鉄道のC11よりも10年以上も早く、汽車製造で生まれて、官営・国鉄で活躍したと……。

やっと、もやもやが晴れた。

TAGS 東武 SL


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです