東京駅八重洲口のJR東海エリア、再開発とレイアウト変更_2020年まで

2018.11.18

JR東海は、東京駅八重洲口の同社エリアをリニューアル。

おもなリニューアルは八重洲北口と八重洲南口の2エリア。

八重洲北口エリアは商業区画を再開発。

商業区画を約2倍(900平米→1600平米)に拡充し、土産店をリニューアル。カフェなどを新設する。

八重洲南口エリアはレイアウトを変更。

八重洲北口エリアの再開発にあわせ、現在のジェイアール東海ツアーズ東京支店を、八重洲北口エリアから南口エリアに移転。

あわせて八重洲中央南口改札と周辺店舗のレイアウトを変更。きっぷうりば・新幹線改札・物販店を利用しやすい配置に。

工事は2019年1月中旬、八重洲南口エリアから着手。2019年12月上旬に八重洲南口エリアでジェイアール東海ツアーズの営業を開始。

2020年春ごろに八重洲北口エリアの商業施設の営業を開始させる。


LINEで送る

オススメ記事