日立グループ系企業がイタリア高速鉄道の信号・運行管理システムを130億円で受注

2018.12.10

日立製作所 鉄道システム事業のグループ会社、アンサルドSTS社は、イタリア共和国の CEPAV Due Consortium から、ブレシア~ヴェローナの間を行く高速鉄道むけ信号・運行管理システムなどを、約9800万ユーロ(約130億円)で受注した。

CEPAV Due Consortium は、ミラノ~ヴェローナ間高速鉄道建設を総合的に請け負う企業。

今回、その一部区間ブレシア~ヴェローナについて、アンサルドSTS社が所属するイタリアの Saturno Consortium に輸送システムを約2億7200万ユーロ(約350億円)で発注。

そのなかでアンサルドSTS社は、信号システム、運行管理システム、電力監視制御システム、受変電設備、火災報知設備、空調設備、トンネル内安全監視システムなどを担当する。

Saturno Consortium は、アンサルドSTS社、アルストム社、シルティ社、コラスレール社で組成した共同事業体。

欧州では、輸送システムの統一による貨物・旅客輸送の円滑化、効率化をめざしている。

地中海回廊、は欧州連合が認定する「優先的に整備を進める」鉄道回廊(路線)のうちのひとつ。地中海回廊はミラノ~ブレシア~ヴェローナを結ぶ路線を含む。

TAGS 建設・工事 日立


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです