西鉄のレストラン列車「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」 6050形3両編成を改造し2019年春に運行開始

2018.01.29

西日本鉄道に2019年春、6050形3両編成を改造したレストラン列車「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」が走り出す。

席数は、西武鉄道の「旅するレストラン 52席の至福」と同じ52席。1・3両目は西鉄初のトイレ付き車両。2両目はキッチンやパントリーを設置。車両投資額は5億円。

THE RAIL KITCHEN CHIKUGO というネーミングは、筑後地方を中心とした沿線地域の新鮮な食材を列車内のキッチンで調理して提供する、“料理”にこだわった観光列車であることを表現。

ロゴデザインや外装デザインは、グラフィックデザイナーの福岡南央子氏。内装デザインはランドスケーププロダクツ。全体プロデュースはトランジットジェネラルオフィス。壁面パネルデザインはアーティストの鹿児島睦氏。


LINEで送る

オススメ記事