ウェザーニューズ、日本初の太陽光発電量予測を販売開始

2018.01.31

ウェザーニューズは、エネルギー企業やそのサービス事業者、IoTプラットフォーム事業者に向け、太陽光発電量予測技術・日射量予測技術を活用した「新太陽光発電量予測」の販売を日本で初めてスタートさせる。

これまで、太陽光発電量予測には2つの課題があった。ひとつは、同じ雲の厚さでも、雲粒の半径、雲水量によって地表に届く日射量が異なる点。ふたつめは、統計値が観測地点の傾向や統計期間に依存するため、リアルタイムでの気象現象に対応した最適値を求められない点。

今回リリースする新太陽光発電量予測は、雲に含まれる雲粒子・大気汚染物質・黄砂などによる、光の吸収・散乱を考慮した日射量の解析実況値を、面的予測で取り込み、従来の太陽光発電量予測の2つの課題を解決。特定の観測地点の統計値に依存しない。

この新サービスでは、太陽放射コンソーシアムで蓄積したビッグデータ解析と予測技術を使い、雲による光の散乱・吸収も考慮した太陽光発電量予測および日射量予測を、1kmメッシュの高解像度でリアルタイムに提供する。