東京スカイツリーが宝塚歌劇の世界観で染まる…初日イベントに真風涼帆が登壇

2018.03.02

東京スカイツリーが宝塚歌劇団の世界観に染まる―――。

東京スカイツリーは3月1日~5月13日の2か月間、宝塚歌劇との限定タイアップ企画「宝塚歌劇 in TOKYO SKYTREE」を開催。東京スカイツリーのキラキラ眺望と、宝塚歌劇ならではの華やかな世界が重なり、「未体験の宝塚ワールド」が体験できる。

その初日の3月1日、宙組のトップスター 真風涼帆が登場し、スカイツリー上空はファンで鉄塔が揺れるほどの大混雑。彼女が語りかけるたびに「キャーッ」という声。キラキラ輝く東京夜景に、トップスターのオーラが重なった。

初日イベントでの真風涼帆のトークやパフォーマンスは、鉄道チャンネルコラム「【動画】宝塚歌劇 宙組トップスター 真風涼帆、東京スカイツリーに“降臨”」に掲載。あわせてチェックしてもらうこととして、こちらでは「宝塚歌劇 in TOKYO SKYTREE」の見どころを。

宝塚歌劇トップスターによるスカイツリー限定特別映像

天望デッキ フロア350では、窓ガラスを巨大スクリーンに仕立てた「SKYTREE ROUND THEATER」に宝塚歌劇オリジナル映像を投影。

映像は、宝塚歌劇団の花組・明日海、月組・珠城、雪組・望海風斗、星組・紅ゆずる、宙組・真風涼帆の5組のトップスター限定の撮り下ろしオリジナルスペシャル映像。

宝塚歌劇トップスターたちによるダンス・メッセージと、各組の舞台映像をコラージュした映像が、地上350mの美しい夜景と重なって、ドキドキする。

衣装や装飾品の実物展示にファン大興奮

「タカラジェンヌ」をテーマに、歴代トップスターの軌跡をたどる大年表を展示をはじめ、トップスターパネルといっしょに撮影できるフォトスポット、娘役衣装の実物展示など、東京スカイツリーでしか体験できない空間に。

天望シャトル(エレベーター)を降りると、ウェルカムエリアには宝塚歌劇5組のトップスターの写真とデジタルサイネージ。宝塚歌劇のモットー「清く正しく美しく」に込められた想いなどが描かれ、フォトスポットに。

また、天望回廊の折り返しエリアには、娘役が実際の舞台で着用した華麗な衣装や装飾品、歴代娘役の写真などを展示。

地上451.2mの最高到達点「ソラカラポイント」には 「なりきりトップスターミニ大階段」も。東京スカイツリーを背景にミニ大階段のセットとトップスター5人のパネルと写真が撮れるフォトスポットで、ファンの行列ができていた。

ソラカラちゃんも宝塚歌劇衣装で登場

東京スカイツリーの公式キャラクター ソラカラちゃんは、宝塚歌劇をイメージしたコスチュームで登場。

華麗なスパンコールや刺繍を施した、燕尾服のソラカラちゃんがグリーティングに初登場。

宝塚歌劇の象徴ともいえる豪華絢爛な背負い羽根やオリジナルシャンシャンを持って、ソラカラちゃんといっしょに記念撮影もできる。

物販やカフェメニューも宝塚歌劇オリジナルに

天望回廊 フロア450の折り返し地点では、「THE SKYTREE SHOP」特設ショップがオープン。

ここでしか手に入らない東京スカイツリー限定デザイン 宝塚歌劇タイアップ企画グッズに、ファンが大注目。

また、SKYTREE CAFE では、宝塚歌劇「花組」「月組」「雪組」「星組」「宙組」をイメージした、タイアップ企画限定のカフェメニューを用意。どれも思わず写真を撮りたくなるような、フォトジェニックでインスタ映えするメニューばかり。

さらに、東京スカイツリー天望デッキと天望回廊がセットになった入場券に、限定スペシャルブックレットなどがついたスペシャルチケットも販売する。

―――ことし、宝塚ファンは、東京スカイツリー展望台をめざし、華麗な上空に酔いしれる。

(C)宝塚歌劇団
(C)宝塚クリエイティブアーツ
(C)TOKYO-SKYTREE

こちらの記事もオススメです