和歌山線・桜井線 現行105系・117系を227系に置き換え

2019年(平成31年)春から和歌山線・桜井線(紀勢線の一部を含みます)の105系・117系を順次227系に置き換え、2020年には全56両(2両編成x28本)が227系になる予定です。

○227系の主な特徴
・安全性
車両異常挙動検知装置や先頭車間転落防止ホロの設置、戸挟み検知装置、EB-N装置(運転士異常時列車停止装置)、とっさの際に掴まりやすい形状・オレンジ色調の吊手、手スリの採用など、安全性を高めています。

・快適性
多機能トイレ・車椅子スペース設置、車内灯としてのLED照明の採用、自動温度調節による空調の最適化など、サービスが充実しています。

ADVERTISEMENT

・利便性
車載型IC改札機による円滑な乗り降り、車内ドア上部の情報表示装置による行き先案内、自動案内放送(日英2カ国語対応)を活用した乗り降りの円滑化など、利用者へのあたたかい接客対応・サービスが充実します。

・デザイン
これまでの近畿エリアの車両のデザインを継承しながら、扉の両側壁部分を中心にカラーリング。走行する奈良と和歌山エリアに共通する文化・歴史・自然の奥深さを表現した緑色を基調としています。

車載型IC改札機使用したICOCAエリア拡大

新型車両に全車置き換え完了後「車載型IC改札機」が使用される予定です。これにより奈良県下全域ならびに和歌山線全線がICOCAエリアとなります。サービス開始時期は2020年春の予定です。

105系、117系は関東で生活していると乗る機会がないため、旅行をして和歌山線や桜井線に乗ると、とても新鮮な気がしたものでした。もちろん新しい227系も関東では走っていないのですが、旧国鉄時代の車両たちが少なくなってゆくのは、やはり寂しいですね。