箱根登山鉄道だけじゃない、箱根駅伝ランナーたちと交差する貨物線や旅客線

2019.01.03

東洋大学か、東海大か、青山学院大か―――。

箱根駅伝 復路の9区(戸塚~鶴見中継所)、最終10区(鶴見~大手町 読売新聞社前)のランナーは、いろいろな鉄道路線と交差する。

9区は、東海道線を戸塚跨線橋で上から越える。横浜の手前では京急線、根岸線。

でちょっと気になるのは、高島線(東海道支線 貨物線)。首都高神奈川7号横浜北線の高架下に、古い鉄骨が印象的なガード橋がみえる。これが高島線。

9区ランナーは鶴見線 国道駅が視界に入ってきたころに、鶴見中継所で最終10区ランナーにたすきを渡す。

10区ランナーは、南武線と東海道線支線貨物線をくぐる。東京貨物ターミナル駅へと続く線路ね。で多摩川の手前で京急大師線。

蒲田では、高架化されて踏切がなくなった京急空港線の下をいく。

そして京急線 大森海岸駅の先で京急線の下をくぐって山側へ。新八ツ山橋の陸橋の上で、山手線や新幹線を越えると、品川。地下にリニア中央新幹線がやってくる地だね。

日比谷通りに入ったらもう、ラストスパートへスタンバイ。鍛冶橋通りと常盤橋先で山手線や新幹線をくぐって、ゴーーーーーーーーール!

TAGS JR東日本 新幹線 京急 大学/研究/アカデミック/学校 JR貨物 貨物/物流/ロジスティクス リニア中央新幹線


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです