♥MC柏原のゆる鉄リポート♥ 憧れの伊豆観光列車「THE ROYAL EXPRESS」を堪能 その2

2018.04.20

その1では、ザ・ロイヤルエクスプレスのゴールドクラス席をご紹介。本記事では残りの車内も一挙にご案内致します!

【3号車】~多目的車両~

こちらの車両にて「ザ・ロイヤルエクスプレス デザイン展」が行われていました。デザイナーの水戸岡さんが描いた車内イラストやシンボルマーク、家具や照明などの設計図、制服デザイン、ザ・ロイヤルエクスプレスグッズなどが紹介されています。

 

伊豆の花で作られた、素敵な生け花も。

今回は展覧会として使用されていましたが、結婚式や会議など、用途により使い分けられるマルチスペースとして利用されているそうです。

注目すべきはこの天井!豪華絢爛!!電気分解により金属製品を作る特殊技術「電鋳」で製作された黄金パネルが敷き詰められています。このパネルを天井に配したのは世界初とのこと!ま、眩しい!!

 

【4号車】~キッチンカー~

ザ・ロイヤルエクスプレスのメインとなるキッチン。下拵えを終えた食材がこちらで最終調理され、各テーブルに提供されていきます。気になる2018年の春メニューは「その3」にてご紹介致します!お楽しみに!!

 

【5・6号車】~プラチナクラス(レストラン席)~

プラチナクラスのお客様がお食事される車両です。落ち着いたクラシカルな空間で伊豆の景色を眺めながらコース料理を楽しめます。

 

5号車には、先ほど3号車でも紹介した黄金パネルを使用した、黄金トイレも!!こんなに神々しいトイレは初めて見ました。。。

 

6号車には、熱海に工房を持つクレアーレさん製作のドイツ製アンティークグラスが用いられたステンドグラスが、天井や車窓に散りばめられています。陽の光を通して見るステンドグラスはカラフルで美しいですね~。

 

【7・8号車】~プラチナクラス~

レストラン席同様、高級ホテルのような落ち着いた空間。伊豆の美しい景観と共に上質なひと時を味わえます。床には寄木細工のデザインが施され、格天井で覆われています。

 

8号車は展望車両として後方が展望窓となっており、過ぎゆく景色も楽しめます。天井は船底をイメージした作りになっているとか。ダークブラウンのクラシカルな雰囲気、まさに大人の空間ですね。そしてなんと!ここには図書席まで!!ゆったりと書籍を読みながらの列車旅もなかなかいいものですよね。

 

その3」では2018年春メニューを一挙公開!明日の記事をお楽しみに!!


LINEで送る

オススメ記事