【私鉄に乗ろう 58】長野電鉄長野線 その6

2018.06.13

※2017年1月6日撮影

松川を渡ります。

往路で撮った松川橋梁へのアプローチ。お気に入りの風景。

2.5kmで北須坂駅。桜が満開。

島式ホーム1面2線。1994年(平成6年)までは列車交換のできない単式ホームでした。

駅名標。車内からなのでガラスが写り込んでいます。

急速に市街地の雰囲気になってきました。

2.5kmで須坂駅。3面5線という大きな駅。一番東側(左側)の駅舎のある5番線ホームは普段は使われていません。4番線との間に側線があって車両が駐まっています。

一番西側(右側)の1番線に入ります。側線がたくさんあります。元小田急電鉄のロマンスカー1000形”HiSE”の「ゆけむり」が駐まっていました。駅舎は跨線橋上にあります。

通勤時間帯です。正面には、元JR東日本253系(成田エキスプレス専用車両)の「スノーモンキー」。

駅名標。車両基地、須坂工場、乗務区などがある長野電鉄の中心駅。

では、次回【私鉄に乗ろう 58】長野電鉄長野線 その7 に続きます。

(写真・記事/住田至朗)

TAGS


LINEで送る

オススメ記事