東武バス、IC定期券導入_鉄道とバスの定期券を1枚で

2018.05.27

東武バスグループの東武バスセントラル(東京都足立区)、東武バスウエスト(埼玉県さいたま市)、東武バスイースト(千葉県柏市)では、6月25日から金額式IC定期券を導入する。

今回導入する金額式IC定期券は、PASMOやSuicaなどの交通系ICカードにバス定期券情報を記録することで、鉄道とバスの定期券を1枚のICカードにまとめることができる。

また、購入時に設定した片道運賃額の定期券範囲内であれば、東武バスセントラル・ウエスト・イースト管内のどの区間(一部除く)でも乗り降り自由に。

この金額式IC定期券の導入にあわせ、新たに6か月有効の定期券も発売を開始。従来の1か月・3か月定期券よりもさらに割引率が高い。

6か月有効定期券は、金額式IC定期券のみ。発売場所は、東武バスセントラル・ウエスト・イーストの各事業所。

 

 


LINEで送る

オススメ記事