小田急ロマンスカーLSEが7月で引退、GSE 2編成目投入にあわせ

2018.05.29

小田急ロマンスカーの最新型70000形 GSE 第2編成が7月11日から営業運転に入り、7000形 LSE が7月10日に定期運行から離脱。LSEは、1980年の登場から38年。

同社では、7月11日から、展望席つきロマンスカーについて、GSE 2編成と 50000形 VSE 2編成の4本体制で運行する。

LSEの引退にあわせ、展望座席のあるロマンスカー3車種(LSE/VSE/GSE)の特急券を4枚集めて応募すると、抽選で100組200名を「LSEで行く小さな旅」に招待するイベントを6月16日から展開する。

また、7月10日には、新宿15時40分発はこね41号と箱根湯本17時25分発はこね34号で出発セレモニーを実施。新宿19時15分発ホームウェイ83号は、藤沢行きを片瀬江ノ島まで延長運転する。片瀬江ノ島着は20時32分。

さらに、はこね23号・22号・41号・34号、ホームウェイ83号の利用者に記念乗車証明書が配られる。

TAGS 小田急 新型/改造/更新 ロマンスカー


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです