小倉優子、ミールキット開発に自信_Oisixママサポーターに

2018.06.01

「自分の考えた商品をこうやって発売できるってとってもうれしいこと。わたしなりに商品を考えて、自分のように働くママや、忙しいママの手助けになるような商品をつくっていきたい」

タレントの小倉優子が、ミールキット開発に本気で取り組みはじめた。この姿に注目したOisix(オイシックス)は、小倉を「Oisixママサポーター」に任命。

必要量の食材とレシピがセットになったミールキット「Kit Oisix」を展開するオイシックスと小倉は、「ママならではの視点」でミールキットを共同で開発していく。

高島社長「的確なアドバイスをくれる」

小倉優子『Oisixママサポーター就任記者発表会』には、オイシックスドット 大地高島宏平代表取締役社長も登壇。

「ゆうこりんは、ママ視点がすごくあり、とても的確なアドバイスをくれる。そしてまるでウチの会社の社員のように、商品をほんとうに一生懸命、開発してくれる。頼もしい存在。これからも期待している」と高島社長。

今回、小倉をママサポーターに任命した理由について、同社は「徹底的なママ目線があり、ご指摘が的確で開発担当者も学ぶことが多い」「週3~4回、商品の開発担当者とやり取りし、妥協ない商品づくりをしてくれる」「当社オフィスでの試作のほか、自宅でも試作を繰り返し、まるで当社社員のように取り組んでくれる」をあげた。

実践「小倉優子の手作りバターでチキンカレー」

この日は、小倉とオイシックスが共同開発した「小倉優子の手作りバターでチキンカレー」(1980円、2~3人前)も披露。

同商品は、手作りバターとチキンカレーが作れるミールキットで、カレーの材料やスパイスはもちろん、バターづくりに必要な材料や道具もすべてセットに。

「手作りバターは、子どもと楽しみながらつくれて、食育にもなる。カラフルな野菜もトッピングして野菜もしっかりとることができる。辛さ調整もできるので大人も子どもも食べられる」と同社。

後半には、13組26名の親子が参加する料理教室も実施。「子どもが野菜嫌い」という質問に、小倉は「うちの子はいっしょに料理すると食べてくれたり、あとは週末に都心から近い畑に行っていっしょに収穫体験すると、食べてくれたりします」とアドバイス。“しっかりママっぷり全開”な小倉の姿を垣間見た。

こちらの記事もオススメです