かつての紫煙が漂う 昭和レトロな食堂の雰囲気も大好きでしたが・・・

2018.06.29

京阪電車京橋駅改札内「ビガール京橋店」カジュアル・ブリティッシュ・パブに変身

京阪レストランは、京阪電車京橋駅改札内で運営する「ビガール京橋店」のメニューや装飾、照明などを一部変更し、「カジュアル・ブリティッシュ・パブ」という店舗コンセプトで、装い新たに2018年7月2日(月)から営業を開始します。

駅の改札内という大人の隠れ家的な立地、店内にはウッド調のハイカウンターバーとテーブル席が合わせて32席。英国パブの雰囲気を意識したオリジナル料理やこだわりのお酒、装飾類、BGMなどが寛ぎのひとときを演出してくれます。普段使いのカジュアルなパブとして気軽に立ち寄れるお店、という旧店舗ファンにもOKなスタンスは変化なし!

新店舗の魅力

《ゼウスタワーから注がれるビール&ハイボール》
サントリーのプレミアムモルツやビームハイが、カウンター内のゼウスタワー(サーバー)から提供されます。超炭酸のハイボールは他店を圧倒する刺激的なキレが自慢。とりあえずの一杯に迷わず注文!

《種類豊富なウイスキーリスト》
ジャパニーズウイスキー、アメリカンウイスキー、スコッチウイスキー、アイリッシュウイスキー、カナディアンウイスキーから、人気の高い約40銘柄を取り揃えています。

《お酒がすすむ選りすぐりのフードメニュー》
英国パブでは定番のフィッシュ&チップスをはじめ、肉を使ったガッツリ系からポテトフライやミックスナッツといったおつまみ系まで、ビールや洋酒にあうフードメニューを厳選。鯖や焼き枝豆、チーズなどの自家製燻製メニューがオススメ。

《ランチに新登場の大阪の味「堂島カレー」》
ランチタイムには昔ながらの洋食屋のカレー「堂島カレー」が登場。

《雰囲気たっぷりの内外装》
英国1960年代の雰囲気が漂うディスプレイやデザインで、正統派でありながら遊び心のある店舗環境です。LED電球の落ち着いた色合いが店内を柔らかく照らし温かみのある空間に演出します。

《心地よいビートルズのBGM》
店内のスピーカーからはブリティシュミュージックを代表するビートルズの楽曲が流れています。

《駅改札内という特異な立地》
店舗は京阪電車京橋駅改札の中。ホームに直結するエレベーターが目の前です。電車の時間をチェックしておけば、安心してゆっくりと飲めます。なお、京阪電車を利用しない場合は、入場券が必要になります。でも大丈夫、精算時に入場券を提示すれば同額分が値引されます!

店舗情報

店舗名:ビガール京橋店
所在地:京阪電車京橋駅改札内 3階コンコース 片町口側
定休日:日曜 祝日
営業時間:ランチ 11:00〜16:00
     パブタイム 17:00〜23:00 L.O.フード22:00 ドリンク22:30
席数:32

駅構内でランチや、帰路に軽く一杯という何とも便利なお店が魅力的にリニューアルされます。楽しみですね。


LINEで送る

オススメ記事