「早くとりにきてーっ」JR東日本、忘れた傘の保管を3か月から1か月に短縮

2019.02.14

JR東日本は、4月1日から、傘の忘れ物の保管期間を、3か月から1か月に短縮する。

JR線内の忘れ物は、年々増加するばかり。2017年度は220万件もの忘れ物があったと。

いっぽうで、その忘れ物が、持ち主に戻ってきた返却率は、3割程度にとどまっているんだって。

こうした状況から、持ち主が特定できない傘の忘れ物の保管期間を1か月にして、その後は処分する。

傘以外の忘れ物は、従来どおり。

こうした決断は、遺失物法に関する規定を積極的に活用するよう警視庁から要請を受けての実施。


LINEで送る

オススメ記事