3月16日使用開始!「代々木八幡駅」は洗練された橋上駅舎・上下線同一のホームに

2019.02.20

小田急電鉄が、 2019年3月16日(土)始発から、 ついに新しい代々木八幡駅の使用を開始する。
また、同日に実施するダイヤ改正で、 新宿から代々木上原間の各駅停車の一部を10両編成として運転。朝のラッシュ時間帯を中心に都心方面の更なる輸送力増強を進める。

鉄道チャンネルでは、これまでも構築の様子などを紹介。
▼小田急 代々木八幡駅 10両対応島式ホーム化、橋上駅舎新設工事【写真】
https://tetsudo-ch.com/818729.html

▼小田急 代々木八幡駅と開成駅の10両ホーム化工事完了_通勤急行&各駅停車の10両化が加速
https://tetsudo-ch.com/3805490.html

新しい代々木八幡駅は?!

新たな駅舎は洗練されたシャープな外観が特徴。
大型ガラスから採り入れる自然光や内装に使用した木材によって温かみを感じる空間とするとともに、 自然換気を取り入れ環境に配慮している。
また、改札の内外にエレベーターを設置するなどバリアフリーも充実する。
(改札外エスカレーターや山手通りへの連絡通路の設置は2019年度中に完了予定)


△構築が進む新しい代々木八幡駅 改札口内コンコース

新設する島式ホームは、ホームドアを設置。


△島式ホーム・ホームドア


LINEで送る

オススメ記事