京王電鉄、京王線 笹塚~仙川 高架化の用地取得と高架基礎杭工へ

2019.04.28

京王電鉄は今年度、京王線(笹塚~仙川)連続立体交差事業の工事に必要な用地取得をすすめる。

また、昨年度から着手した鉄道工事について、高架橋の基礎杭工事などを実施する。

同事業が完了すると、笹塚駅から仙川駅間の約7.2kmが高架化。

25か所の踏切が廃止される。これにより、道路と鉄道それぞれの安全性が向上し、交通渋滞の解消や、鉄道によって分断されていた地域の一体化が図られる。

連続立体交差事業は東京都が事業主体。道路整備の一環として施行する都市計画事業。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです