JR旧山田線の移管部分はお仕舞い【私鉄に乗ろう98】三陸鉄道リアス線 その22

2020.01.26

八木沢・宮古短大駅ホーム前方の駅名標は、案内看板? 白地に「岩手県立宮古短大・・徒歩10分」とダケ書かれています。おそらく、準備中なのだとは思いますが・・・。

次の磯鶏(そけい)駅までは1.8km。住宅街を進みます。

駅予告票。磯鶏ってちょっと不思議な地名ですよね。

磯鶏駅の手前に広大な駐車場があります。料金徴収の仕組みもありませんし、月極とも表示されていません。勝手に駐めてOKという太っ腹な駐車場?

単式ホーム、東日本大震災で駅は浸水、駅舎も被災しました。ホームと上屋は修繕して使われている様です。

駅名標。1935年(昭和10年)鉄道省山田線の駅として開業。1984年(昭和59年)までは駅長さんがいる駅でした。愛称は「松原の想い出」。震災前は松原があったのかな。駅の東に10分ほど歩くと室蘭行フェリー乗り場があります。また西側には「SL公園」があって車内から蒸気機関車が見えましたが、マヌケなコトに写真撮っていません。1976年(昭和51年)に国鉄から宮古市に寄贈された蒸気機関車9625は、磯鶏駅まで自走してきた後、駅で分解されて公園で組み立てられました。屋根の下に静態保存されています。

跨線橋の向こうに磯鶏トンネル(長さはたぶん76m)があります。地図で見ると小高い山をトンネルで抜けた後は藤原比古神社の森を迂回するように左に回って閉伊川を渡ります。

この手前左手に小学校があったのですがシャッターを押すタイミングが遅かった・・・。

第34閉伊川橋梁。何でイキナリ34なんでしょうか? 川の右側はすぐに河口です。川を渡れば宮古の町。

磯鶏駅から2.0kmで宮古駅。盛駅からは92.0kmです。

宮古駅構内に三陸鉄道運行本部の車庫があります。左手に三陸鉄道36-Z形「さんりくはまかぜ」が駐まっています。

リアス線は駅舎に面する1番線に入ります。10:28着。盛から143分の鉄道旅でした。別のコラムに書きましたが、盛駅から空腹+二日酔いでフラフラでした。宮古駅で停車時間が15分くらいあったので、待ちに待った駅そばいきます。

1番線の奥、右側に切り欠きホーム0番線があって三陸鉄道旧北リアス線のホームになっています。宮古始発は0番から発着します。

JR旧山田線がリアス線に移管された釜石〜宮古間を乗りました。宮古からは三陸鉄道旧北リアス線を行きます。

【私鉄に乗ろう98】三陸鉄道リアス線その23 に続きます。

(写真・記事/住田至朗)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです