さようなら、8000型ブルーバード号 6/1から記念乗車券発売、ヘッドマーク掲出も

2019.05.21


(※券面イメージ。画像は全て東武鉄道のリリースから)

東武鉄道は5月20日、8000型ブルーバード号の塗装が7月上旬をもって終了することをうけ、さようなら記念乗車券の発売とヘッドマークの掲出を行うと発表した。ブルーバード号のラッピング・カラー塗装はこれをもって終了となる。

ヘッドマークは2019年5月31日(金)から6月28日(金)まで掲出予定。発売記念乗車券については下記を参照のこと。

名称

8000型ブルーバード号 さようなら記念乗車券

発売期間

2019年6月1日(土)~6月30日(日)
※売り切れ次第、終了となります。
※発売開始時間は、各発売か所の営業開始時間に準じます。
なお、6月1日(土)は各発売か所において初列車からの発売となります。

発売か所

東武線主要駅 (合計17駅)
池袋、下板橋、大山、上板橋、成増、和光市、朝霞台、志木、ふじみ野
川越、川越市、若葉、坂戸、東松山、森林公園、小川町、武州長瀬

発売数

2,000セット
※お一人様5セットまで

発売額

1セット 500円(税込)
※払いもどしの際には、各券片につき150円の手数料がかかります。

発売内容

一般式大人片道乗車券(寄居から250円区間)
地図式大人片道乗車券(坂戸から250円区間)
2枚を1セット、軟券とする(OPP袋入り)

有効期間

2019年6月1日(土)~6月30日(日)までの1回に限り有効

【関連記事】
東武東上線50090型ブルーバード号 ラッピング運行 終了

”青い鳥号”「ありがとう50090型ブルーバード号」が臨時運行


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです