「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」好調! 西日本鉄道の2019年度事業戦略説明会

2019.05.21


(※西日本鉄道 代表取締役社長執行役員 倉富純男氏)

西日本鉄道は5月20日、首都圏の報道関係者向けに2019年度事業戦略説明会を開催した。

バス事業やモビリティサービスの展開、福岡市の開発や海外物流事業について触れる中で、鉄道事業に関する取り組みとして「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」や「天神大牟田線への有料座席制度の導入」などが紹介された。

「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」

「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」は2019年3月23日に運行開始した地方を旅する観光列車。筑後地方を中心とした沿線地域の新鮮な食材を使用した料理を提供している。倉富純男氏によれば、相席ではないので乗車率100%にはならないものの、現状は8割~9割の稼働で実質満席となっているとのことだ。

来月度以降の予約状況も好調で、当初の見込みより上々のペースで推移しているという。編成を増やす予定は、といった質問に対しては、「まずは沿線の活性化をしっかり行ってから」と答えた。

また、6月1日からは「ランチの旅」「ディナーの旅」(8,000円)よりリーズナブルな「ブランチの旅」(3,000円)を運行する。こちらは西鉄福岡(天神)駅から太宰府駅への片道を運行するプランとなる。

令和改元の影響で、万葉集ゆかりの地「太宰府」周辺の乗降客数は増加している。「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」と太宰府周辺を組み合わせたサービスをどのように展開するか、注目したい。

【参考】
西鉄のレストラン列車「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」 6050形3両編成を改造し2019年春に運行開始
西鉄のレストラン列車「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」運行開始日や料金、運行時刻など決まる

天神大牟田線の有料座席制度

第15次中期経営計画に掲げられている「天神大牟田線への有料座席制度の導入」について、質問に応じた倉富社長は「久留米以南の方が酔っ払っても安心して(座って)帰れるように」と想定していたという。

現在は既存車両をベースとして用いる方向で、夕方だけでなく朝も運行出来ないか、といった様々なアイデアを検討中とのこと。天神大牟田線の高架化に向けて動いているためすぐには導入出来ないものの「1~2年のうちに決まるのではないか」と話した。高架事業が一段落ついてからの春のダイヤ改正に注目したい。

MaaS

西鉄はトヨタ自動車との協業でマルチモーダルモビリティサービス「my route」を展開している。公共交通、自動車、自転車、徒歩などのルート検索から予約・決済まで、円滑な移動をサポートするサービスだ。

「my route」は2018年11月1日~2019年8月31日まで、福岡市および周辺地域を対象として実証実験を行っている。現在は「マルチモーダルルート検索」「予約・決済」「店舗・イベント情報検索」の3つのサービスを提供中。

アプリ内限定でバスの1日フリー乗車券や6時間フリー乗車券を発売するなどの取り組みが好評で、2019年4月時点では17,000DLを突破、ユーザーアンケートでも「とても満足」「やや満足」あわせて全体の70%以上のユーザーがサービスを好意的に評価している。

他社との提携についてはこれだけではなく、日立製作所との協業となるバスダイヤ運行計画支援システム、三菱商事との協業となるAI活用型オンデマンドバス「のるーと」、SB Driveとの協業によるバス車内安全監視AIシステムなどを紹介。バス需要の高まりへの対応と運転士不足問題の解決に向けて、最新技術を積極的に活用する構えだ。

TAGS 西鉄 テクノロジー/新技術/新開発 観光列車


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです