夏の疲れは「飲む酢」でリフレッシュ! トマト、マスカット、シークヮーサーなどセゾンファクトリー新作続々

2019.06.04

東京は3日連続で夏日。暑い日が続くと、なんとなく身体の疲れがとれない―――。

そんなときはすっきりした果物ジュースと酢のハイブリッド版「飲む酢」でリフレッシュ!

セゾンファクトリーの定番、酢に果汁とはちみつをブレンドした「飲む酢」シリーズに、6月から2019年夏むけ新作を発売。

その名も「飲む酢 香り白葡萄マスカット」「飲む酢 沖縄の柑橘シークヮーサー」「飲む酢 塩トマト」 。

どれも3倍希釈で、炭酸割りやシャンパン風にして、冷たーくしてごくっとやると、最高。

「飲む酢 香り白葡萄マスカット」(1296円)は、深みのある甘さと上品な香りのマスカット果汁に、くせがないさっぱりとした酸味のレモン酢とぶどう酢をブレンド。 糖質は使用せず、 マスカット果汁の甘さだけで仕上げた1本。

「飲む酢 沖縄の柑橘シークヮーサー」(1620円)は、すっきりさわやかな香りと酸味のシークヮーサー果汁を、黒酢のまろやかさとコクでおいしく仕上げた「沖縄素材の夏らしい飲む酢」に。6月26日から発売。

「飲む酢 塩トマト」(1080円)は、イタリア産とスペイン産の2種類のトマトをブレンドし、さらに「トマト酢」を使用することで、トマトのコクと旨味が感じられるよう仕上げた1本。レモンの皮を加え、より夏らしいすっきりさわやかな味わいに。こちらは6月17日から発売。

「夏の飲む酢3本詰合せ」は、大切な人にプレゼントもいい

また、「飲む酢 塩トマト」「飲む酢 沖縄パイン」「飲む酢 蜂蜜レモン」がセットになった「夏の飲む酢3本詰合せ」(3240円)も6月17日から発売。

割るものを変えて、いろいろなスタイル、さまざまアレンジで試せるのが楽しい。

ちなみに、「飲む酢 沖縄パイン」(972円)は、沖縄県産パインアップルの甘みを黒酢の酸味で引き立て、バランスよく仕上げた1本。甘くてジューシーな飲む酢。炭酸割りや牛乳割りがおすすめ。

「飲む酢 蜂蜜レモン」(1080円)は、はちみつの優しい甘さのなかに、さわやかなレモン酢をブレンド。よりすっきりとしたビネガードリンクに仕上げた1本。暑い夏の日には、たっぷり氷を入れた炭酸割りがおすすめ!

「飲む酢」アレンジレシピ「フルーツポンチ風デザート」はどう?

炭酸水やゼリーなど、割るものでいろいろな表情をみせてくれる「飲む酢」。

たとえば、フルーツポンチ風デザートなんてのもいける。

材料(2個分)は、湯50cc、ゼラチン5g、「飲む酢 香り白葡萄マスカット」100cc、水150cc、そしていちご・パイン・ブルーベリーといった好みのフルーツを適量。

つくりかたは、まず80度以上の湯にゼラチンを溶かす。次に「飲む酢 香り白葡萄マスカット」を水で希釈する。この両方を混ぜ合わせて冷蔵庫で固める。固まったらスプーンでクラッシュ状にする。好みのフルーツとできあがったゼリーを交互に器に入れて盛りつければ、完成!

―――どう? 夏の暑い日の疲れは、酢の酸味がいいっていうから、こうした「飲む酢」でパワーチャージして再起動、試してみて。

<セゾンファクトリー>
https://www.saisonfactory.co.jp/shop/

こちらの記事もオススメです