スバル WRX STI ニュル24時間レースSP3Tクラス優勝_歴代最多145周3763km走破

2019.06.24

東京~福岡を2往復するほどの距離を24時間で―――。

スバルテクニカインターナショナル(STI)は、第47回ニュルブルクリンク24時間レース(ドイツ、6月20日~23日)に市販車ベースのレースカー SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE 2019 で出場し、SP3Tクラス(排気量2リットル以下のターボ車)で優勝。昨年に続く連続優勝で、2011年の初優勝以来6度目。

カルロ・ヴァン・ダム、ティム・シュリック、山内英輝、井口卓人が操る同車は、SP3Tクラスのポールポジションからスタート。序盤からノートラブルでリードし、スバルディーラーメカニック8人を含む整備チームの迅速的確な対応でレースを展開。

明け方にベストラップタイムを更新し、同チームは、2008年の初出場以来最多周回数の145周 約3763kmを走破し、総合順位19位。昨年に引き続き2年連続SP3Tクラス優勝をきめた。

こちらの記事もオススメです