E721系車両にラッピング 「相馬野馬追」をPR 7月から運行――JR東日本水戸支社

2019.06.25

JR東日本水戸支社は1,000年以上の歴史を誇る神事「相馬野馬追」(7/27~7/29開催)のPR及び福島県相馬・双葉エリアへの観光誘客を目的としてラッピング列車を運行します。

運行期間

2019年7月上旬~2020年3月上旬(予定)

対象車両

E721系(2両)×1編成

運行区間

・常磐線 原ノ町駅~岩沼駅
・東北本線 一ノ関駅~新白河駅
・仙山線 仙台駅~山形駅

デザイン

「相馬野馬追」と「相馬・双葉エリアの観光スポットや名産品」をテーマに、観光スポットの「松川浦大橋」や「文字島」、「双葉ダルマ」などを配しています。デザインの選定は原ノ町駅社員と地元自治体が行いました。

※ラッピング車両のデザインイメージはJR東日本水戸支社のリリースから


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです