JR東日本エリア 2018年度 駅別乗車人員トップ20で大崎2ランクアップ、恵比寿1ランクアップ

2019.07.05

JR東日本は、駅別乗車人員、新幹線駅別乗車人員、BRT 駅別乗車人員、路線別利用状況などを発表。

駅別乗車人員のトップ20は、1位の新宿から、池袋、東京、横浜、品川、渋谷、新橋、大宮、秋葉原、北千住というトップ10は変わらず。

トップ20で見ると、大崎が2ランクアップで14位。恵比寿が1ワンクアップで20位に上昇した。

大崎は2018年度、1日平均17万3136人。前年比5.0と急増。恵比寿は14万7699人だった。

TAGS JR東日本 ビジネス 注目スポット/新オープン/期間限定オープン 資料/諸元表/図表


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです