西鉄 福岡都心部 都心循環BRT 連節バス、大幅増便し15分間隔運行へ_さらに回送区間を営業運転化

2019.07.06

西日本鉄道(西鉄)は、福岡都心部の都心循環BRTむけ連節バスを7月20日から増便。15分間隔で運転する。

同社は福岡市と共働で、連節バスによる新交通システム 都心循環BRT をめざし、運行上の安全性や連節バスの有効性の検討、バス路線の再編・効率化による交通負荷の低減などについて取り組んできた。

今回のダイヤ改正では、現行の1日62便(内回り・外回り各31便)20~30分間隔を、94便(内回り46便、外回り48便)15分間隔に増便。

また、増便する連節バスの回送区間だった 東部地区(アイランドシティ営業所)~天神・博多駅 で、朝3便・夕2便、南部地区(那珂川営業所)~博多駅 で、朝夕各1便を営業運行。郊外・都心部間の利便性向上を図る。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです