特急「はるか」新型車両『271系』の報道公開に行ってきました

2019.07.10

2019年7月10日(水)、JR西日本の関空特急「はるか」新型車両が報道公開されました。

【関連記事】
特急「はるか」に新型車両を投入 営業開始時期は2020年春ごろ
新型271系で9両化する関空連絡特急はるか、分割併合で奈良や神戸に行くんかーい? 行かんのかーい!

関西空港へ向かう特急と言えば南海電車の「ラピート」とJRの「はるか」ですが、いずれも近年のインバウンド需要増への対応が課題となっています。

JR西日本は新型車両『271系』を投入。3両編成×6本を既存の281系と併結し、一列車あたりの座席数をおよそ1.5倍にして混雑緩和を図ります。投入線区は東海道本線・大阪環状線・阪和線・関西空港線などを予定しています。

早速見ていきましょう。

先頭形状は287系の形状を基本としつつ前面貫通扉腰部は折り曲げインバースラインを持たせ、「はるか」(281系)のダイナミックで滑らかなフォルムを表現。

他の特急車両との誤乗を防ぐ目的もありますが、現在の「はるか」と併結しても違和感のないような外観に仕立てられています。変更点として行先表示器は大型のLED表示になりましたね。「はるか」のフォント再現は芸が細かい……

これは271系同士の連結シーン。実際の運用では281系と連結するのでここは通れません。「もし281系の車両に入った後で271系に移動しようとしたらどうなるんですか?」「一度外に回っていただく形になりますね」とのこと。

外観を見て回ったところで、いざ車内へ。

現行の「はるか」(281系)の華やかさと落ち着き、上品さを受け継いでいます。報道公開の時点ではまだ付けていませんが、281系で採用した黄色の枕カバーも踏襲するようです。

座席はこんな感じ。各座席にコンセントが付いています。全座席へのコンセント搭載はJR西日本の在来線特急(普通車)では初。

各車両に大型ディスプレイを搭載しています。停車駅案内などの日英中韓4カ国語でご案内するのはJR西日本の在来線特急では初めて。

ちなみにこのディスプレイを搭載するため(理由はそれだけではないでしょうが)、客室の高さは2,150mmから70mm高い2,220mmとなりました。

客室、荷物置場、デッキに防犯カメラを搭載しています。荷物置場はセキュリティ確保のために客室内へ設置し、281系より広い空間を確保しています。また、これは281系と同様のサービスとなりますが、無料Wi-Fiも搭載しています。

271系の運転席はこんな感じ。

トイレは車椅子対応。実際乗って見たら分かるのですがかなりの大型です。洗面台も埋め込み式LED灯を設けた鏡、自動水栓、飛沫式水石鹸を機能的に構成したものになっています。

以上、新型車両271系の様子をお伝えしました。導入時期は2020年春頃ということで、都合があえばオリンピック開催前に乗車出来るかもしれませんね。

TAGS JR西日本 新型車両


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです